それぞれの輝き

広島女学院大学図書館のNです。

長い文章を読むのが苦手な方におすすめの詩集をご紹介します。

「わたしと小鳥とすずと」
金子みすゞ 著

金子みすゞ「わたしと小鳥とすずと」をご存知ですか?
「みんなちがって、みんないい」という一節が有名な、詩集の表題作となっている詩です。

ついつい、他人を羨んでしまうのは、よくあること。
「羨ましい」という感情じたいは悪いものではないんですが、これが転じて嫉妬や悪意になってしまうのが厄介なんですよね。

そんな、他人と比べることでマイナスな気持ちになってしまいそうな時は「わたしと小鳥とすずと」を読んでみるのはいかがでしょう。

昔「隣の芝は青い! 青すぎて、幸せっぽい鳥が見つからねぇ! 」なんて叫ぶ曲もありました。
自分だけの幸せの青い鳥を見つけるためにも、ぜひこちらの詩を読んで、隣の芝から目をそらしてみてください。

「わたしと小鳥とすずと」(911.58/Kan)は、2階28棚にございます。

[PR]
# by libfriends | 2018-01-17 09:00

広島女学院大学図書館のNです。


「一年の計は元旦にあり」とも言われるように、1月は新しく何かを始める人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、私は1月頭から勉強をはじめました。

SPIの。

当図書館も大変お世話になっているラーニング・アドバイザー(L.A.)さんが開講されている講座の中にも、SPIの講座があったのを見て、「ちょっと初めてみようかな?」と軽い気持ちで、数年前に購入したまま手つかずのテキストを開いてみました。



結論:さっぱりわからない



テキストの中に「SPIは問題の難易度は高くないので、傾向を学べば大丈夫」的なことが書かれていましたが、あれはウソです。
※個人の見解です。

非言語問題の厄介さといったらありません。
これが難なく解ける日が、私に来るとは思えません。

しかし、始めたからには何か成果を出したい!
負けられない戦いがそこにはある!
2018年の目標は「SPIの問題がある程度解けるようになる」だ!

と、1月頭に決めましたが、今のところ全く成果は現れていません。
「継続は力なり」という言葉を信じて頑張ってみようと思います。

皆さんも、ぜひ今年1年かけて取り組む目標を見つけてみてください。



読書とか。



読書とか!



読書とか!!



おすすめです!!!

[PR]
# by libfriends | 2018-01-16 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

\皆さんに言いたいことがありまーす!/

\なーにー?/

\冬休み貸出の返却期限が明日なので、本の返却をお願いしまーす!/

\はーい!/

ということで、明日1/16(火)は冬休み貸出期間に貸出した本の返却日です。
大学1~3年生の方で、12/15(金)~27(水)までに借りた本をお持ちでしたら、ご返却をお願いします。

なお、再貸出(貸出期間の延長)処理は出来ませんので、ご了承ください。

延滞冊数「0冊」へ!
皆さん、ご協力の程よろしくお願いいたします!

[PR]
# by libfriends | 2018-01-15 09:00

暗夜行路

広島女学院大学図書館のNです。

年末年始の間に読んだ本の中に、志賀直哉の「暗夜行路」がありました。

中でも有名なのが、主人公謙作が最後に一人で訪れる大山での風景描写。
記憶を頼りに書いたとは思えないほどの現実感と自然美です。

さて、この小説。
人物にだけ注目して話を追うと、ヒドイです。(良い意味で)

主人公の時任謙作は、まぁ何と言うか……。
自分勝手で独りよがりな彼のことを、批判的に見てしまう人も多いと思います。

女中のお栄の行動に、少しモヤッとした気持ちになります。
もうちょっと考えてから行動しましょうとお伝えしたい。

謙作の妻である直子については、御気の毒ですねと言ったところでしょうか。
いや、自業自得と言える部分もありますが。

謙作の祖父に関しては、本当アンタ何やってんの!と言いたい。
でも、祖父の行動が無いと小説が成立しないから、そこはありがとう!

※全て筆者の個人的な感想です。

でも、近現代の文学ってこういう感じ多くないですか?

※重ねて申し上げますが、個人的な感想です。

そして私、こういうのに現代人の視点でツッコミを入れながら読むのが好きなんです。
「今ならあり得ないぞ!」といった具合に。

皆さんも、自分が楽しい視点を見つけて読書してみてください。

「暗夜行路」(913.6/Shi)の文庫本は、地下1階86棚の文庫・新書コーナーにございます。

[PR]
# by libfriends | 2018-01-14 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

図書館4階には、スクリーンが設置されている「プレゼンテーションルーム」があります。

最近の大学生は、授業でプレゼンテーションをする機会も多い事と思いますので、練習の際は、ぜひご利用ください。

ちなみに、初めて利用される方には、職員がその場で利用方法をご説明しますので、お気軽にお声かけください。

「プレゼンテーションルーム」を利用するには、本学学生かつ、図書館HPから事前に利用申込みが必要となります。
※ご自宅からもお申込みいただけます。

図書館の設備を賢く使って、学修に役立ててくださいね。


[PR]
# by libfriends | 2018-01-13 09:00