データベースでリスニングレッスン!?

広島女学院大学図書館のNです。


先日、データベースの使い方についてのセミナーを受けてまいりました。
今回はそのデータベースについてご紹介します。

とはいえ、ここでただ使い方をを説明するのも、おもしろくない。
なので、その時に教わったおもしろい活用方法をご紹介します。

f0141563_09093848.png


【EBSCOhost】※上画像参照
図書館HP内の情報検索ページから「EBSCOhost」内の「Academic Search Complete」というデータベースにアクセスすることができます。こちらは、海外論文等の記事検索がメインのデータベースです。
このデータベースの検索結果の中で「HTML全文」というアイコンが表示されるものがあります。
それが、今回の「変わった活用法」の正体です。

【論文読み上げ機能】
 HTML型式で表示できる(直接ブラウザで読むことができる)ものに限り、文章を読み上げてくれるんです!
 しかも、読み上げスピードが選べたり、読んでいる箇所の色を変えてくれたり、
 更にはアメリカ英語・イギリス英語などアクセントの種類まで選べる優れもの!
 
 また、動画もヒットするため、その動画に字幕を付けて見ることもできます。
 
 データベースとしてだけではなく、リスニング教材としてもご活用いただければと思います。
 利用方法などご不明な点があれば、図書館カウンターまでどうぞ。

[PR]
by libfriends | 2017-12-11 09:13