短縮営業中

広島女学院大学図書館のNです。

本日1/6(土)まで冬季休業期間のため、通常より短縮して開館しております。

冬休み、皆さんいかがお過ごしでしたか?
私は読書三昧でした。
当図書館で借りた本を読んだり、買ったまま読めていなかった本を読んだり。
普段は隙間の時間で読み進めている本を、この期間にガッツリ時間を取って読みました。

皆さんに少しでも本に興味をもっていただけるよう、図書館に来てもらえるよう、その魅力をお伝えできればと思います。

さて今回は、学校司書のお仕事がわかる1冊をご紹介します。

「図書室のキリギリス」
竹内真 著

バツイチになったのを機に、学校司書として働きはじめた詩織。
人には言えない秘密を抱える彼女のもとに、さまざなな謎が持ちこまれる。
本にこめられた想いと謎を読み解くブックミステリー。(双葉社公式HPより引用)

ミステリーと言う程ではありませんが、日常の小さな不思議を図書館の本を通じて解決していく話です。
それと、学校司書のお仕事がわかる1冊ではありますが、必ずしもこの本に出てくるような学校図書館ばかりではありません。
フィクションとして楽しんでいただければと思います。

「図書室のキリギリス」(913.6/Tak)は、2階34棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-01-06 09:00