展示完成しました!

広島女学院大学図書館のNです。

以前、告知しておりました展示が完成しました!

f0141563_04390249.jpeg

春休みは、読書で世界を旅してみませんか?

皆さんのご来館、心よりお待ちしております!


[PR]
# by libfriends | 2018-02-19 09:00

文献複写ぁ!

広島女学院大学図書館のNです。

図書館には、さまざまなサービスがあります。
今回は、その中の「文献複写サービス」についてご説明します。

「文献複写」とは?
当館には無い資料(雑誌など)に掲載されているものを、他の図書館に複写(コピー)してもらい、当館に送ってもらうサービスです。

【注意事項】
①本学関係者のみ、ご利用いただけます。
②複写料金と送料は実費です。
③1冊全てはできません。
④資料によっては、複写できないものもあります。
 →貸借(現物を借りる)ができる場合あり。

申込みは、図書館HP内の「ILL(複写・貸借申込)」の項目からお願いします。
ご不明な点がありましたら、図書館職員までお問い合わせください。

[PR]
# by libfriends | 2018-02-18 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

入試の合格発表もあり、新入生の皆さんの入学が待ち遠しい今日この頃。
本学の学生として図書館へ来ていただけることを、心よりお待ちしております。

大学入試と言えば、2020年度からはセンター試験に代わる新たな入試制度がスタートします。
つまり、現在の中学3年生が大学受験を受けるときには、センター試験とは違う「大学入学共通テスト」が実施されるということです。

「高大接続改革」なんて言葉を知っているでしょうか?
高校と大学の接続部分には、大学入試というものがありますよね。
この「大学入学共通テスト」では、国語と数学で「記述式問題」が採用される予定です。
マークシートではなく、自分の言葉で解答を書く必要があるんです。

察しの良い方は、私が何を言いたいのかお気づきでしょう。
そうです。

今こそ本を読む時でないか!
広島女学院大学図書館のNは、学生の読書を推進しています!

入試が記述式になるということは、大学での学びも記述し論じていくことが重視されていく可能性が高い。
そして、企業はそんな「考えられる人」を求めるはず。
困難な状況に見舞われても、自分で考えて乗り越えていける人になるためにはどうしたらいいでしょう?

そう!読書です!

※あくまで筆者の主張です。

人生を豊かにするための読書をぜひ広島女学院大学図書館で体験してください。

[PR]
# by libfriends | 2018-02-17 09:00

回顧録

広島女学院大学図書館のNです。

先日2/5(月)のブログで少し触れましたが、金沢で文学記念館巡りをしてきました。

今回は、その時の話をさせていただこうと思います。

【徳田秋声記念館】
雪が残る川沿いの道を進むと、雪化粧をした綺麗な建物が。
建物入ってすぐの受付では、オリジナルグッズや徳田秋声の著書、研究書などが販売されていました。

この記念館の展示で印象的だったブースが2つ。

1つが、秋声作品に登場する女性たちの人形が展示されているブース。
文字で読んでいた作品世界が立体的になると、それだけでわくわくします。

もう1つが、企画展「踊る文豪~秋聲とダンス!」のブース。
床にダンスのステップ案内(指示通り足跡を踏んでいくと、ダンスのステップになる)があったり、秋声が実際に履いていたダンスシューズがあったりと、大変興味深い展示でした。
しかし、秋声先生、靴のサイズが小さすぎやしませんか?なんだがとっても可愛らしいサイズ感でした。

今までのように小説を読むだけでなく、作家のことを知っていくという過程が楽しかったです。
皆さんも、実際に足を運んで体験してみてはいかがでしょうか?

[PR]
# by libfriends | 2018-02-16 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

先日、展示スペースを準備しているとブログでもご紹介したのを覚えていますか?
現在も展示を鋭意制作中です。

今回の展示は「図書館からこんにちは!本の中から世界を知ろう!」をテーマに企画しております。

世界のごはんや建築物など、その土地に関する本から、紀行文、外国文学まで。
「世界」の広さがわかる、様々なジャンルの本を展示予定。

あまりに雑多になったので、本当のテーマは「ノンジャンル」なんではないかと今更感じています。
いやいや。世界を知るということは、そういうこと(?)なんですよ。
1つの視点(ジャンル)からじゃなく、いろんな視点で見ることが大事なんです。……きっと。

そんな「ごった煮」展示は、2/19頃から3月末までを予定しています。
どうぞ、お手に取って読んで、借りてみてください。

[PR]
# by libfriends | 2018-02-15 09:00