<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ゆく年くる年

広島女学院大学図書館のNです。

とうとう2017年も最後の日を迎えました。
「お休みの期間も更新して大変じゃないですか?」
と言っていただくこともありましたが、申し訳ありません。


予約投稿です!


「最後の日を迎えました」と始めましたが、これを打っているのは12月21日です。
この記事が公開される頃は、実家に帰ってごろごろしていることと思います。

2017年11月末より始めたこのブログ毎日更新。
「図書館と図書館職員を身近に感じてもらおう!」をコンセプトとして、ここまで更新させていただきました。
少しでも皆様に身近に感じていただけていれば幸いです。

さて、2017年もたくさんの学生、教職員、一般利用者の方に図書館をご利用いただきました。
心よりお礼申し上げます。

2018年もますますのご利用を心よりお待ちしております。

それでは、また明日の更新でお会いしましょう。

[PR]
by libfriends | 2017-12-31 09:00

野球少年の食事バイブル

広島女学院大学図書館のNです。

本日は、タイトルに惹かれて手に取った本をご紹介します。

「野球少年の食事バイブル―強い選手は食事もスゴイ!北海道日本ハムファイターズ強さのひみつ」
木村修一 監修

野球少年特化型の栄養バランスが計算された食事を紹介してくれています。

野球選手に限らず、身体を極限まで高めるアスリートの方にとって、食事はとっても大事。
本学に管理栄養学科があることもあり、こういった献立本も多数取り揃えています。
色々なコンセプトのレシピ本も多いので、私もよく活用させていただいています。

ちなみに、2017年3月19日に行われた「管理栄養士国家試験」は、本学管理栄養学科の学生(4年生)71名/72名中が合格。
98.6%の合格率は広島県内 1位、中・四国 2位とのこと!
図書館で国家試験に向けて勉強する学生も多いので、この結果は嬉しいですね。

「野球少年の食事バイブル」(498.55/Nih)は、3階37棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2017-12-30 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

実家に帰る度に「IKEA」に行くのですが、北欧の家具や小物って見ているだけで楽しいんですよね。

さて、そんな気持ちにご共感いただける方におすすめな本をご紹介。

「北欧デコ・アイデアブック」
ジュウ・ドゥ・ポゥム 著

家具を買うってなるとなかなかハードルが高い!
そんな時、ちょっとひと手間かけてアレンジしてみるのはいかがでしょうか?

このアイデアブックは、実際の部屋のアレンジを写真で紹介してくれているので、気に入ったものはすぐに真似できるのが魅力です。

年末ですし、大掃除がてら部屋の模様替えも楽しいと思いますよ。

「北欧デコ・アイデアブック」(597/Jeu)は3階55棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2017-12-29 09:00

毎日更新1か月達成!

広島女学院大学図書館のNです。

本日12/28(木)~1/4(木)は閉館日となっております。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

遂にこの日が来ました。
Blog毎日更新、1か月目。
更新を忘れそうになる日もありましたが、何とかここまで続けてくることができました。

おめでとう自分。
ありがとう自分。
※誰も褒めてくれない時は、自分で自分を褒めてあげましょう。

さて、閉館日といえども職員にはお仕事があります。
むしろ、閉館日だからこそはかどるお仕事。
そう、本の移動です!

以前ブログ(2017.12.2)でもお伝えしましたが、現在図書館の3階では、本の移動を行っております。
まだまだ先は長いため、本日も元気に移動中です。
閉館日ですと、なおのこと孤独との戦いの様相を呈しています……。

現在移動を行っているのは、3階42棚。
建築関係の本が並ぶ棚です。

本学は「生活デザイン・建築学科」があるため、建築関係の本が充実しています。
知識の無い私でも、美しい建物の写真を見るだけで楽しめます。

皆さんも、自分の知らない分野の本がある棚を眺めてみるのはいかがでしょうか?
新しい発見や出会いが待っているかもしれませんよ?

[PR]
by libfriends | 2017-12-28 09:00

本日、年内最終開館日!

広島女学院大学図書館のNです。

本日12/27(水)は、年内最後の開館日となっております。
開館時間は17:00までです。

2017年も残すところあと4日。
皆さんのおうちは大掃除、おすみですか?

図書館は、明日の閉館日に館内の掃除を実施予定です。
今年の汚れ、今年のうちに♪

11月28日(火)という、何とも中途半端な日から始めたBlogの毎日更新。
明日で遂に1か月の大台です。
頑張った!頑張ったよ!
※誰も褒めてくれない時は、自分で自分を褒めてあげましょう。

12/28(木)~1/5(金)は、図書館HPが御覧いただけなくなってしまう場合がございますので、ご注意ください。
なお、こちらのBlogは年末年始も御覧いただけます。(Blogへ直接アクセス時のみ)
よろしければ、このページをお気に入り登録してアクセスしてください。

それでは、明日の毎日更新1か月達成記念記事でお会いしましょう。

[PR]
by libfriends | 2017-12-27 09:00

本当にわかる心理学

広島女学院大学図書館のNです。

本日も強化期間の名に恥じぬよう、本を紹介させていただきます。

「フシギなくらい見えてくる!本当にわかる心理学」
植木 理恵 著

「ホンマでっか!?TV」でおなじみの植木先生による「本当にわかる心理学」の本。

編集者「本当にわかる心理学を書いてください。『本当に』がポイントです。世間の流行やトレンドは気にしなくていいですから」
植木先生「でしたら、みんなが大好きな『心理テスト』も『深層心理』も、頭から否定しますけど?」

難しいと感じる部分にこそ、面白さがある!
時間がある時にこそ挑戦的な読書をしてみませんか?

わからないことをわかっていくのが楽しい!と感じるタイプの方には、ぜひ読んでいただきたい。
大学時代に教職科目の必修で心理学を聞きかじっただけの私には少々難しい部分がありましたが、その「難しい部分」をわかっていくのが楽しいものなのかなと思いました。

「フシギなくらい見えてくる!本当にわかる心理学」(140/Uek)は、4階17棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2017-12-26 09:00

クリスマス・ブック光

広島女学院大学図書館のNです。

メリークリスマス!

皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は本日もBlogを更新しております。

度々クリスマス関連の記事をあげていましたが、とうとう当日です。

本日はこちらの本をご紹介させていただきます。

「クリスマス・ブック光」
小塩 節・小塩 トシ子 編

世界最初のクリスマスの話、飾り付け、メニュー、歌など満載。
クリスマスの本当の心と迎え方を楽しく伝える1冊。

不器用な私ではさっぱり作れそうな気がしませんが、とっても可愛らしいクリスマス飾りの作り方や料理のレシピが満載。
また、クリスマスにまつわる話や歌なども紹介されています。

折角のクリスマス。
ぜひ”本物”を知る機会を持ってみてはいかがでしょうか。

「クリスマス・ブック光」(198.36/Osh)は1階ゲート横のガラスケースに展示中です。
展示期間後は、4階29棚に戻ります。


[PR]
by libfriends | 2017-12-25 09:00

夏目漱石解体全書

広島女学院大学図書館のNです。

今日もはりきってご紹介しましょう!

「夏目漱石解体全書」
香日 ゆら 著

文豪・夏目漱石。
彼の小説はおもしろい。
しかし、彼の実話はもっとおもしろい!?

豊富なイラストとマンガで漱石を徹底解説。
読んで楽しい上に、漱石ゆかりの地を巡るのに最適なガイドブックにもなる1冊!

今回ご紹介するこちらの本は、2017年度ブック・ハンティングにて当館の仲間入りを果たした本です。

「漱石人生すごろく」と題して、漱石の人生の節目を辿ることができるページがあるんですが、これおすすめです。

読む前は、ぼんやりと「真面目な人なんだろうな」と思っていましたが、まぁそんなことはないですよね。
文豪と呼ばれる人間は往々にして、変人ですね!(褒め言葉)

夏目漱石に興味がある方もない方も、ぜひご一読ください。
きっとイメージが変わりますよ。

「夏目漱石解体全書」(910.268/Nat)は、現在、1階展示コーナーにございます。
その後、2階21棚へ移動する予定です。

[PR]
by libfriends | 2017-12-24 09:00

まほろ駅前多田便利軒

広島女学院大学図書館のNです。

本日ご紹介するのは、名前だけなら一度は聞いているであろう方の本です。


「まほろ駅前多田便利軒」
三浦 しをん 著

こんな便利屋がいたら、ぜったい頼みにいきますよね?
東京のはずれに位置する‘まほろ市’の駅前にある便利屋「多田便利軒」に舞いこむ依頼はどこかきな臭い。
多田と行天コンビの魅力満点の連作集!(文藝春秋公式サイトより引用)

映画化もされた直木賞受賞作。

シリーズ最初の「まほろ駅前多田便利軒」と言えば、多田と行天、小学生の由良君という凸凹感トリオが良い味出してますよねぇ。
勿論、他の登場人物たちも個性豊かで面白いですが。

胡散臭くも義理人情に厚い便利屋コンビのその後の物語は「まほろ駅前番外地」、「まほろ駅前狂騒曲」(当館所蔵なし)でどうぞ。

「まほろ駅前多田便利軒」(913.6/Miu)は2階33棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2017-12-23 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

本日ご紹介するのは、読書ビギナーの登竜門!(筆者の独断と偏見による)
こちらのシリーズです!

「図書館戦争」
有川 浩 著

2019年(正化31年)。
公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。
高校時代に出会った、図書隊員を名乗る"王子様"の姿を追い求め、
行き過ぎた検閲から良書を守るための組織・図書隊に入隊した一人の女の子がいた。
名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、
エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが......!?
様々な困難と出来事、そして、本を狩る組織・メディア良化委員会にひたむきに立ち向かう、郁を始めとする図書隊の面々。
そう、すべては本と自由を守るため......。(KADOKAWA公式サイトより引用)

アニメ化、映画化もされた大ベストセラー。
有川浩さんの作品はどれも読みやすくて、普段読書されない方におすすめですが、折角の長期休暇。
シリーズものの一気読みはいかがですか?

個人的には、主人公と同期の柴崎・手塚コンビが好きです。
悪友からの……って流れ最高ですよね!
別冊の二人の話がたまらん!好き!
……失礼。少々取り乱しました。

「本を読むのは苦手」という読書ビギナーな方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

「図書館戦争」シリーズ(913.6/Ari)は、2階32棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2017-12-22 09:00