それぞれの輝き

広島女学院大学図書館のNです。

長い文章を読むのが苦手な方におすすめの詩集をご紹介します。

「わたしと小鳥とすずと」
金子みすゞ 著

金子みすゞ「わたしと小鳥とすずと」をご存知ですか?
「みんなちがって、みんないい」という一節が有名な、詩集の表題作となっている詩です。

ついつい、他人を羨んでしまうのは、よくあること。
「羨ましい」という感情じたいは悪いものではないんですが、これが転じて嫉妬や悪意になってしまうのが厄介なんですよね。

そんな、他人と比べることでマイナスな気持ちになってしまいそうな時は「わたしと小鳥とすずと」を読んでみるのはいかがでしょう。

昔「隣の芝は青い! 青すぎて、幸せっぽい鳥が見つからねぇ! 」なんて叫ぶ曲もありました。
自分だけの幸せの青い鳥を見つけるためにも、ぜひこちらの詩を読んで、隣の芝から目をそらしてみてください。

「わたしと小鳥とすずと」(911.58/Kan)は、2階28棚にございます。

[PR]
by libfriends | 2018-01-17 09:00

広島女学院大学図書館のNです。


「一年の計は元旦にあり」とも言われるように、1月は新しく何かを始める人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、私は1月頭から勉強をはじめました。

SPIの。

当図書館も大変お世話になっているラーニング・アドバイザー(L.A.)さんが開講されている講座の中にも、SPIの講座があったのを見て、「ちょっと初めてみようかな?」と軽い気持ちで、数年前に購入したまま手つかずのテキストを開いてみました。



結論:さっぱりわからない



テキストの中に「SPIは問題の難易度は高くないので、傾向を学べば大丈夫」的なことが書かれていましたが、あれはウソです。
※個人の見解です。

非言語問題の厄介さといったらありません。
これが難なく解ける日が、私に来るとは思えません。

しかし、始めたからには何か成果を出したい!
負けられない戦いがそこにはある!
2018年の目標は「SPIの問題がある程度解けるようになる」だ!

と、1月頭に決めましたが、今のところ全く成果は現れていません。
「継続は力なり」という言葉を信じて頑張ってみようと思います。

皆さんも、ぜひ今年1年かけて取り組む目標を見つけてみてください。



読書とか。



読書とか!



読書とか!!



おすすめです!!!

[PR]
by libfriends | 2018-01-16 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

\皆さんに言いたいことがありまーす!/

\なーにー?/

\冬休み貸出の返却期限が明日なので、本の返却をお願いしまーす!/

\はーい!/

ということで、明日1/16(火)は冬休み貸出期間に貸出した本の返却日です。
大学1~3年生の方で、12/15(金)~27(水)までに借りた本をお持ちでしたら、ご返却をお願いします。

なお、再貸出(貸出期間の延長)処理は出来ませんので、ご了承ください。

延滞冊数「0冊」へ!
皆さん、ご協力の程よろしくお願いいたします!

[PR]
by libfriends | 2018-01-15 09:00

暗夜行路

広島女学院大学図書館のNです。

年末年始の間に読んだ本の中に、志賀直哉の「暗夜行路」がありました。

中でも有名なのが、主人公謙作が最後に一人で訪れる大山での風景描写。
記憶を頼りに書いたとは思えないほどの現実感と自然美です。

さて、この小説。
人物にだけ注目して話を追うと、ヒドイです。(良い意味で)

主人公の時任謙作は、まぁ何と言うか……。
自分勝手で独りよがりな彼のことを、批判的に見てしまう人も多いと思います。

女中のお栄の行動に、少しモヤッとした気持ちになります。
もうちょっと考えてから行動しましょうとお伝えしたい。

謙作の妻である直子については、御気の毒ですねと言ったところでしょうか。
いや、自業自得と言える部分もありますが。

謙作の祖父に関しては、本当アンタ何やってんの!と言いたい。
でも、祖父の行動が無いと小説が成立しないから、そこはありがとう!

※全て筆者の個人的な感想です。

でも、近現代の文学ってこういう感じ多くないですか?

※重ねて申し上げますが、個人的な感想です。

そして私、こういうのに現代人の視点でツッコミを入れながら読むのが好きなんです。
「今ならあり得ないぞ!」といった具合に。

皆さんも、自分が楽しい視点を見つけて読書してみてください。

「暗夜行路」(913.6/Shi)の文庫本は、地下1階86棚の文庫・新書コーナーにございます。

[PR]
by libfriends | 2018-01-14 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

図書館4階には、スクリーンが設置されている「プレゼンテーションルーム」があります。

最近の大学生は、授業でプレゼンテーションをする機会も多い事と思いますので、練習の際は、ぜひご利用ください。

ちなみに、初めて利用される方には、職員がその場で利用方法をご説明しますので、お気軽にお声かけください。

「プレゼンテーションルーム」を利用するには、本学学生かつ、図書館HPから事前に利用申込みが必要となります。
※ご自宅からもお申込みいただけます。

図書館の設備を賢く使って、学修に役立ててくださいね。


[PR]
by libfriends | 2018-01-13 09:00

居心地の良い場所

広島女学院大学図書館のNです。

明日よりセンター試験期間のため、前日の今日から学内立ち入り禁止となっております。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

さて、寒い日が続きますね。
そんな時は、まさに図書館日和です!

温かい部屋でブランケットを膝にかけ、まったりする。
大学にいながら「ほっ」とする空間の出来上がりです。

また、図書館1階のJoyful Commonsでは、飲食(軽食のみ)も可能となっております。
但し、カップラーメン等の汁物や、カップ飲料などは持ち込みいただけませんので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

ルールを守って、居心地の良い図書館づくりにご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

[PR]
by libfriends | 2018-01-12 09:00

本の里親探し

広島女学院大学図書館のNです。

1/10(水)より、保存年限の過ぎた古い本たちの里親探し「本のお譲り会」を実施しております。

f0141563_15324795.jpeg

f0141563_15340070.jpeg

今回お譲りするのは、最新の物が図書館に入っていたり、内容が古く図書館で提供するには適さなかったり、状態が悪かったりといった理由で図書館から引退する本たちです。
ご理解の上、ご自身でお持ち帰りください。

なお、転売等は不可となっておりますので、お手元に置いて大切にご利用いただきますよう、お願いいたします。

実施期間は、1/10(水)~2/9(金)頃までとさせていただきます。
※実施期間は予告なく変更される場合があります。

ぜひご来館の上、ご覧ください。

[PR]
by libfriends | 2018-01-11 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

1/9(火)より募集を開始しました、2018年度の図書館アルバイトについてご説明します。

広島女学院大学図書館では、本学在学生に図書館アルバイトとして一緒に働いていただいています。
主な仕事は、ILL(他館複写・貸借)処理、書架整理、その他図書館業務の補助です。

その他図書館業務には、2018年度より新たに館内展示の発案やディスプレイ、図書館ブログの更新なども盛り込む予定です。
※予定は未定。

学生の意見を反映した大学図書館を目指し、図書館アルバイトの皆さんに様々な業務を担っていただければと考えています。

「楽しそう!」
「空きコマは暇だし……」
など、少しでも興味を持っていただけた本学在学生(卒業学年をのぞく)は、ぜひご応募ください。
応募方法の詳細などは、図書館カウンター前の掲示やポータルサイトをご確認ください。


[PR]
by libfriends | 2018-01-10 09:00

授業スタート!

広島女学院大学図書館のNです。

本日より通常開館スタートです!
8:45~20:00まで、皆さんのご来館をお待ちしております。

さて、本日は年末年始にだらけた体をリフレッシュするのに役立つ本をご紹介します。

「ヨガ&ピラティス ほぐして→引き締める たった10分で、カラダの芯が目覚める!ココロとカラダの同時エクササイズ」
高田 香代子 監修

ピラティスのインストラクターである高田香代子さん監修の「カラダのコア(芯)から鍛える」ための1冊。

私自身、寝正月を過ごしたため、ここ数日は身体がなまってしょうがないと感じています。
いや、普段からさして運動しているわけではありませんが。
それでも、家でダラダラし続けた身体は、倦怠感を主張してきます。

学生の皆さんは、遊びにバイトにとアクティブだった方もいるかもしれません。
しかし、私のようにゆっくり過ごすことで英気を養った皆さん。
この本を参考に、休暇前の自分を取り戻しましょう。

「ヨガ&ピラティス ほぐして→引き締める たった10分で、カラダの芯が目覚める!ココロとカラダの同時エクササイズ」(498.34/Yog)は、3階35棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2018-01-09 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

新成人の皆さん。おめでとうございます。

さて、昨日は「学生」と「生徒」の違いを考えてみました。
本日は「大人になるとは?」について考えてみたいと思います。

日本では、一般的に20歳になると大人とみなされます。
それと同時に、出来ること(義務が生じること)があります。

・お酒と煙草
・公営ギャンブル(競馬・競輪・競艇・オートレース)
・親の同意がなくても結婚ができる
・親の同意がなくても賃貸などの契約を結べる
・国民年金への加入義務
・有効期限が10年のパスポート申請
・中型自動車免許の取得

20歳を境に、以上のようなことが出来る(生じる)ことになります。

未成年の間は、自己判断では行えないだろうとされていることが出来るようになる。
また、未成年の間は免除されていたことが、義務になる。
目に見える形での「大人」はこんな感じです。

では、皆さんが「大人だな」と思うことはなんでしょう?
そして、皆さんがなりたい「大人」はどんな人でしょう?
理想の大人の条件を挙げるのは勿論ですが、具体的に「誰か」を浮かべるのもおすすめです。

具体的な目標となる人物がいると、より目指しやすくなります。
逆に、ああなりたくないという反面教師が浮かんでしまう人もいるかもしれません。
そんなときは、いろいろな人の良いとこどり!みたいな人物を自分で作ってしまいましょう。
想像(妄想)するのは個人の自由ですから、遠慮はいりません。

皆さんが、理想の「大人」になれることを心より願っております。


[PR]
by libfriends | 2018-01-08 09:00