図書館の自由に関する宣言

広島女学院大学図書館のNです。

本日ご紹介するのは、読書ビギナーの登竜門!(筆者の独断と偏見による)
こちらのシリーズです!

「図書館戦争」
有川 浩 著

2019年(正化31年)。
公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。
高校時代に出会った、図書隊員を名乗る"王子様"の姿を追い求め、
行き過ぎた検閲から良書を守るための組織・図書隊に入隊した一人の女の子がいた。
名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、
エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが......!?
様々な困難と出来事、そして、本を狩る組織・メディア良化委員会にひたむきに立ち向かう、郁を始めとする図書隊の面々。
そう、すべては本と自由を守るため......。(KADOKAWA公式サイトより引用)

アニメ化、映画化もされた大ベストセラー。
有川浩さんの作品はどれも読みやすくて、普段読書されない方におすすめですが、折角の長期休暇。
シリーズものの一気読みはいかがですか?

個人的には、主人公と同期の柴崎・手塚コンビが好きです。
悪友からの……って流れ最高ですよね!
別冊の二人の話がたまらん!好き!
……失礼。少々取り乱しました。

「本を読むのは苦手」という読書ビギナーな方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

「図書館戦争」シリーズ(913.6/Ari)は、2階32棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2017-12-22 09:00