まほろ駅前多田便利軒

広島女学院大学図書館のNです。

本日ご紹介するのは、名前だけなら一度は聞いているであろう方の本です。


「まほろ駅前多田便利軒」
三浦 しをん 著

こんな便利屋がいたら、ぜったい頼みにいきますよね?
東京のはずれに位置する‘まほろ市’の駅前にある便利屋「多田便利軒」に舞いこむ依頼はどこかきな臭い。
多田と行天コンビの魅力満点の連作集!(文藝春秋公式サイトより引用)

映画化もされた直木賞受賞作。

シリーズ最初の「まほろ駅前多田便利軒」と言えば、多田と行天、小学生の由良君という凸凹感トリオが良い味出してますよねぇ。
勿論、他の登場人物たちも個性豊かで面白いですが。

胡散臭くも義理人情に厚い便利屋コンビのその後の物語は「まほろ駅前番外地」、「まほろ駅前狂騒曲」(当館所蔵なし)でどうぞ。

「まほろ駅前多田便利軒」(913.6/Miu)は2階33棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2017-12-23 09:00