どんな理由も、どんな夢も、、、

広島女学院大学図書館のNです。

「何かを始めるのに"揺るぎない意志"とか"崇高な動機"なんて無くていい。
成り行きで始めたものが少しずつ大事なものになっていったりする。
スタートに必要なのはチョコっとの好奇心くらいだよ」

先に引用したのは、某週刊少年漫画誌で連載中のとあるスポーツ漫画のセリフです。
最初から何か立派な目標があるのは素晴らしいですが、それがなくったって恥じることはない。
こんなポンッと誰かの背中を押せるような人間になりたいものです。

少し話は変わりますが「将来の夢」と聞かれて、皆さんは直ぐに言葉で説明できますか?
生まれてこの方、人に誇れるような夢を持ったことがない私にとっては、ハードルが高すぎます。
最早、棒高跳びのレベルです。

そんな中、何気なく始めたことが自分にとって大事なものになる瞬間が来るかもしれません。
私にとって、広島女学院大学図書館がそれです。
たまたま学生アルバイトとして採用されてから、気づけば今日までお世話になっています。

そういう、何気なく始めたことが将来に繋がっていくということもあります。
例えば、当館で借りた本をきっかけに将来に繋がっていくとか……とか……。

ぜひ皆さんも、日常に転がる素敵な将来の糸口を図書館で探してみてください!


[PR]
by libfriends | 2018-01-26 09:00