人を動かす

広島女学院大学図書館のNです。

最近、読書の推進をうたう際や図書館利用を促す際の言い分の強引さに拍車がかかっている気がしてなりません。
ついつい「本を読んで欲しい!」「図書館を利用してほしい!」という気持ちが前に出すぎてしまい、こんなことに。

そこで、今回は勉強のためにこの本を読んでみました。

「人を動かす」
Carnegie, Dale.著 山口博訳

「自己啓発書の元祖」と称されることも多いこの本。
新人研修に用いられることもあるとか。
1937年に発売されたにも関わらず、内容は現代にも通ずるものがあります。

良い人間関係を築くために大切な決まり事は、存外単純で簡単なこと。
しかし、その簡単なことが出来ないばかりに苦労を強いられる。
んー生きるって大変です。

また、相手に何かして欲しいときは「自ら話すのではなく、相手の話を聞くことが大事」と言われてしまうと、困りものです。
このブログ、完全に一方的に自分の考えを伝える形じゃないですか!
そもそもブログを通して利用促進することに矛盾が生じてしまう!

……読書推進、図書館の利用促進への道は前途多難なようです。

翻訳版「人を動かす」(336/C)は、4階54棚。
原文版「人を動かす[重版]」(837.7/Car)は、2階13棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-02-26 09:00