おつかれさまです

広島女学院大学図書館のNです。

4月も折り返し地点。
いやぁ月日が経つのは早いものですね。

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。

松尾芭蕉の言うように、月日は旅人のごとく過ぎ去っていきますね。
スナフキンもびっくりです。
※旅人=スナフキンの図式に対する異論は認めます。

今回引用した芭蕉の句もそうですが、国語で暗唱した作品って多いですよね。
平家物語の冒頭もその一つ。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

他にも、竹取物語の冒頭も覚えた気がします。
あの頃は記憶力があったんじゃ……。

新学期は新しいことが目白押しで、覚えることも多い時期です。
そんな忙しい日々に頭が疲れるようなことがあれば、ぜひ図書館へ。

静かな空間で、ゆっくりまったりお過ごしください。

[PR]
by libfriends | 2018-04-15 09:00