図書館に「ほとんど行かない」68%…だって!?

広島女学院大学図書館のNです。

「2017年版 読書世論調査」を読んでいたところ、タイトルのように書かれていました。
なんということでしょう!過半数を占めているではありませんか!
その上、20代女性で書籍を「読む」と答えた割合が「40%」とのこと。
広島女学院大学図書館のメイン層じゃないですか……。

こんな結果にめげている場合ではありません!
なんせ、5月は図書館振興の月!
何か解決の糸口を見つけなくては!

なになに?「読みたい本」のアンケート結果は「内容のおもしろい本」が最多かぁ。
……皆さん、何をもって「内容の面白い本」とお答えですか?
差支えなければ教えていただけないでしょうか。

おっ10代後半や20代は「アニメやドラマ、映画の原作本」を挙げているぞ。
なるほど。メディアミックスしている物が人気なんですね。
確かに、当館でも映画の原作本など、話題作を借りる方が多かったです。

個人的には、伊藤計劃さんの「虐殺器官」や「屍者の帝国」は原作も映画も楽しみました。
2冊とも当館にございますので、興味のある方はどうぞ。

今後も調査結果を参考にしつつ、当館に合った形で活性化していければと思います!

今回参考にさせていただいたのは、毎日新聞社編「読書世論調査」(019.3/Dok/2017)でした。
こちらは、過去の調査結果も含め4階3棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-05-04 09:00