人気ブログランキング |

「言葉にできる」は武器になる。

広島女学院大学図書館のNです。

毎日のようにブログを書いていると、何回かに1回くらい「これは酷い…」という記事を書いてしまい、まるっと下書きを破棄することがあります。
そんな時、この本のタイトルに惹かれて手にとりました。

『「言葉にできる」は武器になる。』
梅田悟司 著

頭の中で色々考えていても、言葉にできるほど考えられているわけではない。
そんな話から始まるこの本。

言葉にできる≠語彙が豊富。
外に出す言葉ばかり磨いたところで、本当の意味で相手に意思を伝えることは出来ない。
考えを言葉にするには、自分の中での思考が十分になされている必要があるということ。

この本を読むと「熟考する」ということの大切さと、その思考方法がよくわかりました。

本書で紹介されている、頭の中に浮かぶ「内なる言葉」を紙に書き出していくという手法。
頭の中でぐるぐる考えるよりも少し楽しそうで、さっそく家で試してみました。

のって来ると意外と書き出せるようになるもので、思わず「くっ!思考に手の動きが追い付かない…!」とマンガのようなことを考えてしまいました。
勿論それも紙に書き出しましたよ。大事な「内なる言葉」ですから(笑)

『「言葉にできる」は武器になる。』(674.33/Ume)は、3階58棚にあります。


by libfriends | 2018-05-20 09:00