知らないより知っている方が良いってことです

広島女学院大学図書館のNです。

当館では、クラスごとに行う「文献検索ガイダンス」なるものが実施されています。
こちらは、先生からご依頼があった際に行うガイダンスですが、そちらの内容とガイダンス資料をリニューアルしようと作業中です。

6/21の記事でに図書館HPの「ガイダンス」ページにアップする予定だといっていたものの、本番資料ですね。

いやはや。人生でこんなにもパワーポイントを駆使することがあろうとは…。
発表課題や何かでパワーポイントを使っている皆さん。
ぜひその感覚を忘れずに社会へ出てください。
私のように、唐突にそのスキルを求められることがあるやもしれません。

そもそも「文献検索ガイダンス」とはどういった内容なのか。
そこのところを、少しご説明させていただきます。

当館で行っている「文献検索ガイダンス」は、データーベースや当館OPACを駆使して資料を収集するスキルをつけることを目的としています。
また、ご依頼いただくのが3年生のゼミの授業であることが多いため、卒業論文執筆の際に役立つような内容も含んでいます。

文献の検索方法って、知らないなら知らないでも大丈夫だと思います。
でも、知らないより知っている方が断然便利です。
卒論の質もきっと知っている方が上がるはず。

こちらのガイダンスは個人でもグループでも実施いたしますので、ご希望の方は図書館カウンターまたは図書館HPの「ガイダンス申込」よりご予約ください。

[PR]
by libfriends | 2018-06-23 09:00