潮騒

広島女学院大学図書館のNです。

今回は、私が学生時代に研究していた三島由紀夫の作品をご紹介。

「潮騒」
三島 由紀夫著

伊勢湾に浮かぶ歌島で漁師をしている貧しい家に母と弟と暮らす18歳の若者久保新治と村の有力者で金持ちの家・宮田照吉の娘、初江の純愛物語。
さまざまな困難が襲うなか、二人の愛はどのような結末を迎えるのか。

他の三島作品とは一線を画すこちら。
私は読後に「爽やかな青春恋愛もの…だと…?」と困惑しましたが(笑)
まぁ個人的な好みは別として、初めて三島を読むなら「潮騒」かなと思いご紹介しました。

あっ。教科書に「金閣寺」が載っていた方は、初めてではないですね。
そんな方は「禁色」なんて読んでみてはいかがでしょうか?私が一番好きな作品です。
ただし、読んでからのクレームは受付ませんので、あしからず……。
好みなんて人それぞれですから。

単行本「潮騒」(913.6/Mis)をはじめとした三島作品は、2階33棚に。
「潮騒」が収録されている「決定版 三島由紀夫全集」(918.68/Mis/4)は2階40棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-07-25 09:00