ハイキュー

広島女学院大学図書館のNです。

排球=バレーボール。
本日は某週刊少年漫画雑誌に連載中の漫画の記念日です。

私が中学生ぐらいの頃に「リベロ」というポジションが出来たんだったと記憶しています。
身長が低いので、体育でバレーをやると必然的にリベロのポジションになっていました。
おかげさまで、レシーブだけはできます。

そんなバレーボールにまつわる本をご紹介。

「わかりやすいバレーボールのルール」
森田 淳悟 著


6人制・9人制ルールをイラスト解説。
バレーボールの用具、競技形式から、プレー中に起こる様々なケースの解釈、試合の進め方、ポジションのとり方などを、6人制、9人制それぞれイラストを使い、Q&A形式でポイント解説。

大人になるとなかなかプレーする側に回ることは少ないですが、見る機会はあるはず!
広島なら「JTサンダース」もいることですし、折角ならルールを知っていた方が楽しめると思いませんか?
わかると楽しい!を増やすきっかけにぜひご覧ください。

「わかりやすいバレーボールのルール」(783.2/Mor)は、3階75棚にあります。

by libfriends | 2018-08-19 09:00