宙のまにまに

広島女学院大学図書館のNです。

今日は「宇宙の日」らしいので、こんな本をご紹介します!

「宇宙の旅 : 太陽系・銀河系をゆく : 宇宙のナゾに挑む近未来物語」
的川 泰宣 著

広島県呉市生まれの著者による宇宙の秘密に迫る1冊。

太陽系とはいったいどのようなところなのか。
近未来の宇宙船に乗ってさまざまな謎に挑む。
そして後半は銀河系の中心に向かい、星の誕生やブラックホールの秘密に迫る。(「e-hon」内の出版社・メーカーコメント引用)

「宇宙」という言葉を聞くと、オラ、わくわくすっぞ!
絶対に生身では手の届かない場所でありながら、全く見えないものでもない。
この絶妙な距離感が宇宙への憧憬を生むんですかね。

「宇宙の日」に、宇宙の秘密に迫ってみませんか?

「宇宙の旅 : 太陽系・銀河系をゆく : 宇宙のナゾに挑む近未来物語」(443.6/Mat)は、3階23棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2018-09-12 09:00