「手紙の書き方」指南書!?

こんにちは。R/Nです。

皆さん、手紙を書くのは好きですか?
もらうのは嬉しいけれど、書くのは苦手な人は多いと言われます。
かく言う私もその一人です。
この度は、手紙を題材にした小説をご紹介します。

『代筆屋』辻仁成著 2F:34

悩みを抱えた人が、代筆屋(本来は小説家で代筆はアルバイト)のもとを訪れて、手紙の依頼をします。
代筆屋は、依頼者からの情報を頼りに、代筆と勘づかれないよう注意しつつ、相手の心に入り込み、気持ちを動かす手紙を書きあげていきます。ラブレター、断りの手紙、祝福の手紙など。

依頼者の気持ちを汲み取りながら、思いを届ける手紙には、相手を思いやる気持ちが伝わってきて、自然と涙してしまう一冊です。

サラッと読める作品なので、勉強の合間にいかがですか。

by libfriends | 2018-10-04 09:00