人気ブログランキング |

面白いは正義!

広島女学院大学図書館のNです。

10月も折り返し地点。
しかし、読書の秋はまだまだ続きます!

本日は、こちらの本をご紹介します。

「あらゆる本が面白く読める方法 : 万能の読書術」
一条 真也 著

【内容紹介】(Amazon 商品の説明を引用)
・読んでも頭に入ってこない
・内容を忘れてしまうから、身につかない
・読書がなんの役に立つかがわからない
こうした悩みの原因は、「読書に向いていないから」でも、「頭が悪いから」でもありません。
原因は単にきちんとした方法論を身につけていないことにあります。
本書では、「あらゆる本が面白く読める方法」を著者の実例にもとづいて完全公開します!


【本書の凄味!】(Amazon 商品の説明を引用)
[その1]冠婚葬祭業大手(株)サンレーの社長でありながら、大学の客員教授であり、
作家であるという一人三役を可能にする、驚くべき“本の読み方”がわかる!
[その2]評論家ではなく、実務家として、年間700冊以上の本を読み、
読書を経営に活かしている手法がわかる!
[その3]自宅にはもはや図書館とも呼んでもいい蔵書(その一端は、本書88-89ページ参照)を抱え、
日夜徹底して本を読みまくっている著者の本への愛情がわかる!

結局、人間は面白くないと継続出来ない”いきもの”なんですよ。
逆に言えば、面白ければ続くってこと!
さぁ皆さん。読書の面白さに気付いて本を読みましょう!
出来れば広島女学院大学図書館にある本を読んでいただけると嬉しいです!

「あらゆる本が面白く読める方法 : 万能の読書術」(019.12/Ich)は、4階3棚にあります。


by libfriends | 2018-10-15 09:00