マインドフルネス

広島女学院大学図書館のNです。

もう12月ですって。
時間の流れが早過ぎやしませんか?
……この言葉ももう言い飽きてきましたが。

師も走るこの時期こそ、リラックスすることが大事です。

皆さんお忘れではありませんか?
ブック・ハンティングで選んだ本は全62冊。
まだまだ紹介したい本はたくさんあります!

今日はその内の1冊をご紹介します。

「心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 : すき間時間で始めるマインドフルネス」
荻野 淳也 著

ついつい頑張りすぎて、忙しい毎日に流されるように生きていませんか。
ハーバードやスタンフォードでも大人気の心のトレーニング、マインドフルネスを生活にとり入れて、 自分を大切に暮らす方法。

時間がない、忙しい人でも大丈夫!
「歩く」「食べる」「家事をする」など、日常の動作にマインドフルネスをとりいれるコツ64。
マインドフルネスとは、「今、この瞬間に集中している」心の状態のこと。
まとまった休む時間がなくても、今この瞬間に集中できている時間を増やすことでストレスが消え、 感情をコントロールできるようになります。

日々の一瞬一瞬を大切にする生き方を、マインドフルネスで始めませんか。
何が起こっても「私は私で大丈夫」と思える、しなやかな自分に変われます。(Amazon内容紹介より引用)

自分をしっかりコントロールできれば、それだけ穏やかに日々を送れるのかもしれません。
この本が、そんな日々を過ごすきっかけになるかも?

「心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 : すき間時間で始めるマインドフルネス」(498.39/Ogi)は、12月末まで1階展示コーナーにあります。

by libfriends | 2018-12-01 09:00