和牛

広島女学院大学図書館のNです。

今年最後の肉の日ですね!
……ネタが思いつかなかったとはいえ、酷いはじめ方をしてしまいました。
反省、反省。

ですが、今日はこのままお肉の話題でいきますよ。(!?)

「牛肉と日本人: 和牛礼讃」
吉田 忠 著

アメリカや西欧とは趣を異にする日本人の牛肉の食べ方、摂り方が、どのような政治、宗教、文化的背景で形成されてきたか、及び、それに対応した肉牛の飼い方の発展を古代から現代まで追った異色の牛肉論。
(農山漁村文化協会HP「田舎の本屋さん」内「書誌詳細情報」より引用)

目次に「牛と牛肉と日本人」って書いてあって、思わず「この言い回しを見るのは『部屋とYシャツと私』以来やな」なんて考えてしまいました。(古い)

私の頭の中はともかく、「肉食以前-ちゃぶ台に肉類がのぼるまで」なんていう日本人がお肉を家庭で食べるまでの話なんかもあって、なかなか興味深い1冊でした。

「牛肉と日本人: 和牛礼讃」(648.2/Y)は、3階57棚にあります。


by libfriends | 2018-12-29 09:00