BEST FRIEND

広島女学院大学図書館のNです。

実は昨日のブログタイトルから、ちょっとしたお遊びを始めました。
もし各タイトルの関連性(順番含む)が分かった方はご一報ください。
図書館カウンターで僕と握手!(ニ○アサ風)

本題に戻りましょう。
今日、皆様にご紹介するのは二人の作家の友情にまつわる本。

「トールキンとC・S・ルイス友情物語 : ファンタジー誕生の軌跡」

『指輪物語』と『ナルニア国物語』の作者ふたりの、強く分かちがたい絆。
トールキンとルイスの友情は、互いの人生と著作にどのような影響を与え合ったのか?ふたりの類似性と相違性は、互いをどう引き寄せたり反発させたりしたのか?交流を軸に、ふたりの誕生から死までを、既存の伝記や研究書をはじめ、彼ら自身と家族、友人たちの日記や書簡、エッセイ、インタビューなど膨大な資料を渉猟してたどった渾身作。(「BOOK」データベースより引用)

ファンタジー作家の二大巨頭の交流の歴史が語られた1冊。
トールキンは『親友ルイスの根気強い励ましがなかったら「指輪物語」を書き上げる事は決してなかっただろう』まで言っていたそうな。
素晴らしい作品には、それを支える友情が存在するものなのかもしれませんね。

「トールキンとC・S・ルイス友情物語 : ファンタジー誕生の軌跡」(930.278/Tol)は、2階53棚にあります。


by libfriends | 2019-01-10 09:00