人気ブログランキング |

言葉はなぜ生まれたのか

広島女学院大学図書館のNです。

2/4(月)まで「新着図書」コーナーにいる本たちの中から、1冊ご紹介します。

「言葉はなぜ生まれたのか」
岡ノ谷 一夫 著 石森 愛彦 絵

動物は「鳴き声」を出せるけれど、「言葉」を話すことはできません。
頭のいいチンパンジーでさえ、それは無理なのです。
なぜ人間だけが言葉をもつようになったのでしょう?(本書カバー折り返しより引用)

「何故?」と疑問に思うことはあれど、それを解明しようと行動することは、ほとんどありません。
調べるぐらいはしますが、研究するとなると、相当な労力です。

しかし、大学生の大多数は「卒業論文」という形で研究する機会が強制的にあります。
書く前に、卒論の書き方を解説してくれる本も良いですが、こんなライトな雰囲気の研究書を読んでみるのはいかがでしょう?

たとえ分野は違えども、人の研究の流れを読むことは、きっと自分の卒論のヒントになるはずです。

「言葉はなぜ生まれたのか」(481.78/Oka)は、2/4(月)まで1階の新着図書コーナーに。
その後、3階28棚に移動します。


by libfriends | 2019-01-31 09:00