人気ブログランキング |

名探偵

広島女学院大学図書館のNです。

2019年最初のひと月が終了とか、早すぎやしませんか?
今年も残り11ヶ月。
カウントダウンが始まったな…!(気が早い

カウントダウンと聞くと、某見た目は子ども、頭脳は大人な名探偵さんの映画のタイトルを思い出します。
あの映画、2001年公開だったんですね。
…名探偵の歳は変わらないのに、私の歳の変わりようよ。

と、いうことで、本日はこちらの本をご紹介!

「明治期シャーロック・ホームズ翻訳集成」
コナン・ドイル 著 川戸 道昭, 新井 清司, 榊原 貴教 編

雑誌・図書を問わず、明治期に翻訳された「緋色の研究」「シャーロック・ホームズの冒険」を同一原作順に編集したもの。
全3巻。

現代語での翻訳版は手軽に読めますが、敢えて明治期に翻訳されたものを読んでみました!
自分でも、なぜそんなよくわからんハードルを設けたのか不思議ですが、始めてしまったものはしょうがない。
絶賛読書中です。

みなさんも、昔の翻訳本を読んでみてはいかがでしょう?
旧仮名遣いも慣れるとスラスラ読めるもんですよ。

「明治期シャーロック・ホームズ翻訳集成」(933.6/Doy/1~3)は、2階の63棚にあります。


by libfriends | 2019-02-01 09:00