人気ブログランキング |

オレンジラプソデ

広島女学院大学図書館のNです。

2/14はバレンタインデーですね。
日本では、すっかりチョコレートの日です。
私にとっては、某二次元アイドルの誕生日祝いでケーキを食べるので、ケーキの日という感覚ですが。←

さて、折角なので、チョコレートに関する本をご紹介したいと思います。

「ショコラティエのショコラ : 土屋公二チョコレートの世界」
土屋 公二 著

チョコレート界のカリスマのレシピがついに解禁
日本における高級チョコレートブームの火付け役「テオブロマ」のシェフショコラティエ・土屋公二氏。
「トリュフ」「プディング」「マカロン」など、本場フランス仕込みのチョコレートの技法と、独自の美意識が織り成す素晴らしき菓子の数々を、余すところなく紹介。
愛好家からプロまで必携の1冊。(NHK出版HPの商品紹介より引用)

お菓子作りって本当に繊細ですよね。
その所作や出来上がったお菓子の美しさには、感嘆が漏れます。

そんなプロの技法が紹介された1冊。
ぜひ皆さんもその美技に酔ってみてください。

「ショコラティエのショコラ : 土屋公二チョコレートの世界」は(596.65/Tsu)、3階52棚にあります。


by libfriends | 2019-02-14 09:00