カテゴリ:未分類( 486 )

まほろ駅前多田便利軒

広島女学院大学図書館のNです。

本日ご紹介するのは、名前だけなら一度は聞いているであろう方の本です。


「まほろ駅前多田便利軒」
三浦 しをん 著

こんな便利屋がいたら、ぜったい頼みにいきますよね?
東京のはずれに位置する‘まほろ市’の駅前にある便利屋「多田便利軒」に舞いこむ依頼はどこかきな臭い。
多田と行天コンビの魅力満点の連作集!(文藝春秋公式サイトより引用)

映画化もされた直木賞受賞作。

シリーズ最初の「まほろ駅前多田便利軒」と言えば、多田と行天、小学生の由良君という凸凹感トリオが良い味出してますよねぇ。
勿論、他の登場人物たちも個性豊かで面白いですが。

胡散臭くも義理人情に厚い便利屋コンビのその後の物語は「まほろ駅前番外地」、「まほろ駅前狂騒曲」(当館所蔵なし)でどうぞ。

「まほろ駅前多田便利軒」(913.6/Miu)は2階33棚にあります。

by libfriends | 2017-12-23 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

本日ご紹介するのは、読書ビギナーの登竜門!(筆者の独断と偏見による)
こちらのシリーズです!

「図書館戦争」
有川 浩 著

2019年(正化31年)。
公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。
高校時代に出会った、図書隊員を名乗る"王子様"の姿を追い求め、
行き過ぎた検閲から良書を守るための組織・図書隊に入隊した一人の女の子がいた。
名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、
エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが......!?
様々な困難と出来事、そして、本を狩る組織・メディア良化委員会にひたむきに立ち向かう、郁を始めとする図書隊の面々。
そう、すべては本と自由を守るため......。(KADOKAWA公式サイトより引用)

アニメ化、映画化もされた大ベストセラー。
有川浩さんの作品はどれも読みやすくて、普段読書されない方におすすめですが、折角の長期休暇。
シリーズものの一気読みはいかがですか?

個人的には、主人公と同期の柴崎・手塚コンビが好きです。
悪友からの……って流れ最高ですよね!
別冊の二人の話がたまらん!好き!
……失礼。少々取り乱しました。

「本を読むのは苦手」という読書ビギナーな方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

「図書館戦争」シリーズ(913.6/Ari)は、2階32棚にあります。


by libfriends | 2017-12-22 09:00

浮かれろテンション!

広島女学院大学図書館のNです。

今週12/22(金)をもって本学秋学期の前半は終了。
12/23(土)より、冬休み期間に突入です!

年末年始は予定が目白押し!という方もいらっしゃるかと思います。

が、しかし!

図書館はぜひ、読書の年末年始を推奨したい!

「寒い日は、あったかい部屋で本を読みませんか?」
「そうしましょう!」

と、いうわけ(?)で、本日より年末年始におすすめしたい本の紹介強化期間スタートです!

初日にご紹介するのは、こちら。

「有頂天家族」
森見 登美彦 著


面白主義の狸・矢三郎の毎日は、頼りない兄弟たち、底意地悪いライバル狸、人間の美女にうつつをぬかす落ちぶれ天狗とその美女によって、四六時中、波乱万丈!
京都の街に、毛深き愛が降る。(幻冬舎公式HPより引用)

森見登美彦先生の作品の魅力と言えば、個性豊かな登場人物!

「面白きことは良きことなり!」をモットーとする三男・下鴨 矢三郎(狸)。
生真面目すぎる長男・下鴨 矢一郎(狸)。
蛙となって隠居生活を送る次男・下鴨 矢二郎(狸)。
甘えん坊の四男・下鴨 矢四郎(狸)。

お気づきでしょう。この作品、主要登場人物(?)の大半が狸。
そう、笑えて泣ける愛すべき狸の物語。それが「有頂天家族」。

読めばきっと好きになる、狸たちの物語をどうぞお楽しみください。

「有頂天家族」(913.6/Mor)2階33棚にございます。


by libfriends | 2017-12-21 08:57

卒論提出期限ラッシュ!

広島女学院大学図書館のNです。

本学、卒業論文提出期限ラッシュ週間を迎えております。
この時期は卒論関係の質問が多く寄せられるため、頑張っている学生のお役に立てるよう、日々勉強に励んでいます。

最近の傾向としては、PC関連の質問が多いようです。
レポートも卒論もパソコンで打ち込んで、パソコンで提出の時代。
少しでもお役に立てばと思い、こちらの雑誌をご紹介します。

「日経PC21」
日経BP社

使ってはいるけれど、使いこなせてはいないWordやExcel。
わからない時は「ネットで検索!」という方も多いかと思います。
ただ、必ずしも正解を見つけることができない上に、提出期限などがあると焦ってしまいますよね。

そこで、つまづく前に雑誌で情報収集!
普段から情報収集をしていれば、いざという時に焦らずに済む!……はず。

デジタルをアナログで学ぶのも、乙なものですよ。
この他にも、WordやExcelの操作方法がわかる本もありますので、ぜひ活用してくださいね。

「日経PC21」は1階84棚(雑誌コーナー)にあります。

by libfriends | 2017-12-20 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

もうすぐクリスマスですね。
折角なので、クリスマスにちなんだ本をご紹介します。

「赤毛のアン クリスマス・ブック」
C.S.コリンズ C.W.エリクソン著
奥田 実紀 訳

「赤毛のアン」に登場する様々なクリスマス飾りや料理を紹介するこの本。

作り方(レシピなど)が載っているんですが、この説明のイラストが丁寧!
それ自体が作品かな?と思うレベルの美しさです。

ぬくもりのあるイラストを見ながら、クリスマス支度をするのはいかがでしょうか?

「赤毛のアン クリスマス・ブック」(594/C)は3階52棚にあります。

by libfriends | 2017-12-19 10:41

広島女学院大学図書館のNです。

卒論や課題のために、本を借りる学生が増えるこの時期。
提出した後、本の返却日のことを忘れていませんか?

今回は、借りている本の返却期限の確認方法をお教えします!

f0141563_10081091.jpg

【① 期限票を確認する】
 本を貸し出す際に、カウンターで返却日が書かれた「期限票」と呼ばれるものを本に挟んでいます。
 そちらに書かれた日付をご確認ください。

【② 図書館HPから確認する】
 図書館HP内の「Myメニュー」に「本人利用状況照会」という項目があります。
 こちらから、現在借りている本とその返却日を確認することができます。

 ※大学1~3年生・一般利用者は、ここから再貸出(期間の延長)ができます。

【③ カウンターで聞く】
 図書館のカウンターに「今借りている本の返却日が知りたい」旨をお伝えください。
 学生番号(または利用者番号)を確認の上、返却日をお調べいたします。

借りた本は、必ず期限内に返却してくださいますよう、お願いいたします。


by libfriends | 2017-12-18 10:09

広島女学院大学図書館のNです。


本日、ついにクリスマスオープンキャンパス当日です!


当図書館は、本日1630まで開館しております。


当日の館内見学のみでしたら、利用者登録なしでお入りいただけます。

ぜひ、お帰りの前に、寄り道感覚でお立ち寄りください。


なお、本の貸出など継続利用をご希望の場合は、利用者登録が必要となります。


名前と住所が確認できる「身分証明書」をお持ちの上、図書館カウンターにお声かけください。

皆様のご来館、心よりお待ちしております。


by libfriends | 2017-12-17 16:07

本屋さんのダイアナ

広島女学院大学図書館のNです。


さて、本日ご紹介する本は、最強のガール・ミーツ・ガール小説です。


本屋さんのダイアナ

柚木麻子 著


私の名は、大穴(ダイアナ)。

おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。

けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めてくれた――。

正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。

地元の公立と名門私立、中学で離れても 心はひとつと信じていたのに、思いがけない別れ道が……

少女から大人に変わる十余年を描く、最強のガール・ミーツ・ガール小説。(新潮社 公式HPより引用)


隣の芝生は青い。

青すぎて、自分の悪いところばかり見える。

そのせいで、相手を遠ざけてしまう。

良くも悪くも、思春期の女の子なダイアナと彩子の二人(もしくはどちらか)に共感できるか否かで、随分と読みかたが変わってしまう本かもしれません。


大人になると、等身大な目線で読めないのが残念ですね。

学生の頃に読んでいたら、また違っていたかもしれません。


学生の内に読んでみては、いかがでしょうか?


「本屋さんのダイアナ」(913.6/Yuz)は、図書館234棚にございます。



by libfriends | 2017-12-16 17:32

図書館司書への道!

広島女学院大学図書館のNです。

本日12/15(金)に、本学の司書課程を受講している学生さんが見学に来られました。
今回は、各担当の情報技術を利用した業務をご紹介しました。

f0141563_16023254.jpg

図書館を本が保管されているだけの場所と思っていませんか?
いやいや、それだけではないんです!
本1冊を取っても、情報技術を活用して管理、提供しているんですよ!

約28万冊ある広島女学院大学図書館の本には「図書ID」と呼ばれる番号がつけられ、その番号によって本のデータを管理しています。
また、その番号を読み込むことで、貸出・返却も管理されています。

貸出・返却は、スーパーなどで会計をするときに、レジでバーコードを読み込むようなイメージですかね。

すこーし古くさいイメージが先行しがちな図書館ですが、しっかり情報技術を活用して運営しているんですよ。
気になった方は、ぜひ司書課程を受講してみてくださいね。

by libfriends | 2017-12-15 16:03

クリスマス展示 出張版

広島女学院大学図書館のNです。

12/17(日)は、本学のクリスマスオープンキャンパスです!
以前、こちらのブログで上記に合わせて「クリスマス関連展示」を行っていますよとお伝えしました。(12/3)

f0141563_10135269.jpg

しかし、当図書館のクリスマス関連図書を見られる場所は、この展示だけではありません。

なんと、日本文化学科の学科イベント「クリスマスと日本文化」で、当館の図書が出張展示!
先日、この展示のために大量のクリスマス関連本が運ばれていきました。
館内に留まらず、外でもバッチリ御覧いただけますので、ぜひご覧ください!

学科展示以外のクリスマス関連本は、図書館入館ゲート横のガラスケースに展示しておりますので、そちらも併せてどうぞ!

by libfriends | 2017-12-14 10:14