<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

春休み開館最終日

広島女学院大学図書館のNです。

本日まで、春休み開館(時間短縮)です。
開館時間は8:45~12:00まで。
ぜひ、ご利用ください。

明日、日曜日の閉館日を挟み、4/2(月)から通常開館となります。
通常開館時間は、以下の通りです。

【平日】8:45~20:00
【土曜】8:45~17:00

その他、オープンキャンパス等で日曜日、祝日も開館する場合がございます。
詳しい開館日・開館時間は図書館HPの「開館日のご案内」または「図書館利用について」内の「カレンダー」をご確認ください。

[PR]
by libfriends | 2018-03-31 09:00

物語る

広島女学院大学図書館のNです。

常日頃、読書を推進しているこちらのブログ。
その割に、具体的な読書方法を皆さんにご提供できていないのが悩みです。
そこで、当館でこんな本を見つけたので、ご紹介させていただきます。

『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』
柴田元幸, 高橋源一郎 著

「読む」時の小説と、「書く」時の小説は、同じなのだろうか。
どちらも「小説」と呼んでいるけれど、それは、同じ「もの」なのだろうか。
どうも違う気がするのである。(本文引用)

一度でも小説を書こうと思ったことのある人は、この感覚がわかるんではないでしょうか?
誰かの小説を読む時は、確かにそこに存在しているはずなのに、自分で書くとなると、何だか不確かで存在しないもののように感じる。
そこで、本書は小説の「読み方」「書き方」「訳し方」と分けて語っています。

流石に書くのは難しいとは思いますが、小説の「読み方」がわかれば、もっと小説を楽しめるはず!
私の拙い紹介はともかくとして、ぜひ一度読んでみてください。

『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』(901.3/Shi)は、2階15棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2018-03-30 09:00

Release

広島女学院大学図書館のNです。

春は別れの季節でもありますが、出会いの季節でもあります。
本日は、そんな出会いの前に読んでみたい1冊をご紹介します。

「アイスブレイク入門 : こころをほぐす出会いのレッスン」
今村光章 著

見知らぬ人どうしの和やかな出会いを演出する技術「アイスブレイク」をイラストを使いわかりやすく紹介してくれています。
あらゆる出会いの場面で役立つレッスン集となっている本書。
正直、「アイスブレイク入門」というタイトルを見た時「氷を壊すための入門書とは?」と首を傾げたんですが、なるほど。緊張を解きほぐすって意味ね。
これからの季節、出会いの場面はたくさんあると思うので、今のうちに学んでみてはいかがですか?

「アイスブレイク入門 : こころをほぐす出会いのレッスン」(369.16/Ima)は、現在「整理中図書」となっております。
御覧になりたい場合は、図書館カウンターまでお越しください。

[PR]
by libfriends | 2018-03-29 09:00

4か月記念日

広島女学院大学図書館のNです。

ブログ毎日更新を始めて4か月。
こうしてブログを更新することがすっかり習慣となってきました。
継続は力なり。これからも続けていくことで、きっと何かが身に付くはず。
まずは、次の5か月目を目指して頑張っていきたいと思います。

もうすぐ新年度ですし、皆さんも何か新しい習慣を始めてみませんか?

読書とかおすすめですよ!

あと

読書とか!!

これからも、広島女学院大学図書館をどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by libfriends | 2018-03-28 09:00

展示図書を選書中

広島女学院大学図書館のNです。

以前もブログで触れましたが、4月からの展示図書を選んでいます。
毎回のことながら、皆さんにどんな本をご紹介しようか悩むんですよね。
悩んだ結果、一人で選んでも偏った意見になってしまいそうなので、今回は助っ人を頼みました。

先日「2月12日はレトルトカレーの日」という記事を書いてくださったM.Nさん。
以前は本屋さんに勤めていらっしゃったとか。
おお!本を紹介するには心強い!

ということで、思いっきり頼って4月の展示図書を選んでいます。
展示開始は4月4日(水)を予定しておりますので、ぜひ図書館に確認しにきてください!

[PR]
by libfriends | 2018-03-27 09:00

文庫・新書コーナー

広島女学院大学図書館のNです。

文庫・新書コーナーの案内表示を一新しました!
以前よりも大きな表示で、遠くからもわかりやすくなりましたよ。

また、より本を探しやすいように整理しました。
ジャンルの区切りも以前よりハッキリ!……となったはず。

文庫・新書はタイトルをざっと眺めるだけでも楽しめるので、ぜひ1階・地下にある「文庫・新書コーナー」をご利用ください。

[PR]
by libfriends | 2018-03-26 09:00

新しいって良いですね

広島女学院大学図書館のNです。

図書館で3月中におこった変化と言えば、自由PCコーナーのPCとプリンタが新しくなったこと。
これまでご不便をおかけしていた部分が、少しは改善されていると良いのですが……。
ぜひ、実際に利用して使用感を確かめてみてください。

残念ながら、入館ゲートすぐの通称インターネットコーナーのPCは以前のままです。ご了承ください。

なお、どちらのPCも本学在学生のみ利用可能となっております。
卒業生、一般利用の方はOPAC専用PC(カウンター前の紫の画面のもの)をご利用ください。

ご不明な点がありましたら、図書館カウンターまでどうぞ。

[PR]
by libfriends | 2018-03-25 09:00

檸檬

広島女学院大学図書館のNです。

本日3月24日は、梶井基次郎の命日です。
代表作「檸檬」から「檸檬忌」と呼ばれています。

「檸檬」では、鬱屈とした生活をおくる「私」の姿が描かれています。
最後、文具書店の棚に檸檬を置いて立ち去る「私」。
それは、爆弾に見立てた檸檬が建物を爆破する光景を夢想するという、不謹慎なごっこ遊びを行っている姿でした。

ごっこ遊びって、子どものころに誰もが一度は通るものですよね。
……まぁこの「私」の場合は、荒んだ精神と生活によるところですが。

「檸檬」は、短編集の中の一編ですので、短くてあっと言う間に読めてしまいます。

「檸檬 (レモン) ・冬の日 : 他九篇」(913.6/Kaj)は、地下86棚(文庫・新書コーナー)にあります。
なお、「青空文庫」でも読むことができます。
ご来館が難しい方は、そちらでどうぞ。

[PR]
by libfriends | 2018-03-24 09:00

世界気象デー

広島女学院大学図書館のNです。

本日3月23日は、世界気象デーだそうですよ。
そんな気象に関する本をご紹介します。

「天気予報の大研究 : 自然がもっと身近になる! : 役割・しくみから用語・天気図まで」
日本気象協会 監修

台風の大型化やゲリラ豪雨などによる災害が増えている今日、天気予報の役割はますます重要になってきています。
本書は、テレビやラジオなどを通じて発表されている天気予報が、どのような観測に基づいてつくられているのかを紹介するとともに、「快晴」「晴れ」や「一時」「時々」「のち」といった天気予報の言葉の意味、天気図の見方などを、写真やイラストで解説。
また、風、雨、雪、台風などの現象を引き起こしている地球の大気、気圧、雲についての基礎知識も紹介しています。
天気予報を知ることで、地球の営みについても学べる一冊です。(PHP研究所HP引用)

話題に困った時には天気の話。
そうしてよく話題に上りますが、詳しいことはなかなか知らないものです。
この本で、天気予報について知ってみませんか?

「天気予報の大研究 : 自然がもっと身近になる! : 役割・しくみから用語・天気図まで」(451.28/Ten)は3階24棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-03-23 09:00

Penguin Readers

広島女学院大学図書館のNです。

当図書館では、先生方が授業で活用するための本、通称「指定図書」と呼ばれる本があります。
今回のブログタイトルになっている「Penguin Readers」もその1つ。

こちらのシリーズは「いきなり洋書を読むのはちょっと……」という学生も安心。
なぜなら、レベル別に語彙制限がされているタイプのシリーズだからです!
自分に合ったレベルを選択して読むことができるのは、勉強する上でありがたいですね。

指定している先生の授業を取っていてもいなくても、ぜひ日々の学修にお役立てください。
「指定図書」は、2階80棚(エレベーター降りて右手突き当り)にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-03-22 09:00