人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

山の日

広島女学院大学図書館のNです。

本日は「山の日」です。
制定されてから4年。まだまだ馴染みのない祝日です。

ちなみに、この「山の日」の一個前に新設された祝日は「海の日」らしいです。
こりゃ「丘の日」やら「平地の日」やら地形関連での祝日新設もあるかもしれませんよ!
…いや、無いな。そんなん出来たら正気を疑いますわ。
「もっとあったやろ!」ってなります。

さて、本日の「山の日」に合わせて、こちらの雑誌をご紹介します。

「山と渓谷」
山と渓谷社 編

山を登るなら読んでおきたいこの雑誌。
特集のタイトルを見るだけでも「山登り好きのための雑誌やなぁ」というのがうかがえます。
※当館では2015年-2017年までの所蔵(保存)となっています。

通号976 [2016/08/01]号の特集は「知ろう、歩こう!日本の山」。
日本は山がたっくさんありますから、きっと知らない山もたくさん。
興味のある方は、ぜひご一読ください。


「山と渓谷」(786.05/Y)は、1F雑誌コーナー(1階86棚)にあります。

by libfriends | 2018-08-11 09:00

あー!夏休み!

広島女学院大学図書館のNです。

ついに本学も明日から夏休み突入ですよ!
それに伴い、下記の日程で当館は休館させていただきます。

日程:2018年8月11日(土)~8月19日(日)

この間、設備点検等で図書館HPが見られない時間帯がございます。
詳しくは図書館HPのお知らせ欄をご確認ください。

今後も利用者の皆さんに図書館を利用していただくために必要な休養期間ですので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、この間に本の移動などを実施予定です。
8/20(月)の開館時点では検索結果に新しい配架場所(本の位置)が反映されていない場合がございます。
本が見つからない場合には、図書館職員にお声かけください。


by libfriends | 2018-08-10 09:00

ようこそ日本へ

広島女学院大学図書館のNです。

先日、よく図書館に来てくれる交換留学生さんが好きなゲームの痛バを見せてくれました。
※痛バ=缶バッチやラバーストラップなどのキャラクターグッズをいっぱいつけたカバンのこと。
自作して持ち歩くことでキャラクターへの愛を表現。

勉強面だけでなく、趣味からも日本を学んでいる姿が素晴らしかったです。

ある学生は「夏目漱石の作品の訳本」を探しにきていました。
いきなり原文で学ぶのは難しいから、まずは母国語で。
意欲的に学ぼうとする真摯な姿勢が素晴らしかったです。

縁あって広島女学院大学で学ぶことになった留学生たち。
彼女たちにも利用しやすい図書館にしていかなくては!と決意を新たにしました。

by libfriends | 2018-08-09 09:00

自由研究

広島女学院大学図書館のNです。

f0141563_09033502.jpg

現在、広島女学院大学図書館1階の展示コーナーでは「夏の大研究!」と題して、夏休みの自由研究で役立つ本を展示しています。
懐かしむもよし、実際にやってみるもよし、さまざまな楽しみ方でご利用ください。

ちなみに、私が小学生の時は、某通信教育教材の付録だった顕微鏡を使って、いろいろなものの拡大写真を撮ったものをクイズ形式でまとめました。
写真は勿論、使い捨てカメラの王道「写○ンです」を使用。
顕微鏡にレンズ部分をくっつけて撮影するもんだから、ちょこちょこぶれた写真になっていましたが。

子どもの頃を懐かしむだけでなく、大人でも自由研究したくなる……はず!
ぜひ、ご利用ください!

by libfriends | 2018-08-08 09:00

ようこそ!ここへ!

広島女学院大学図書館のNです。

本学の前期期間も今週がラストです。
夏休みはもうすぐそこ!
試験や課題などやることがあふれているであろう学生の皆さん、もうひと踏ん張りですよ!

そしてこんな時期だからこそ、図書館をご活用ください。
複数人で利用できるグループ演習室。
一人で集中できる個人研究室。
プレゼンテーションの練習も可能なプレゼンテーションルーム。

1Fのデスクトップパソコンとプリンター。
館内で自由に利用できる貸出用ノートパソコン。

課題や試験勉強をするのに最適な環境をご用意して待っています!

by libfriends | 2018-08-07 09:00

原爆の日

広島女学院大学図書館のNです。

1945年8月6日 8時15分 原爆投下

広島では、この日に行われる平和式典で全ての犠牲者の方に黙祷を捧げます。

本日は、こちらの本をご紹介します。

「小説 夕凪の街桜の国」
国井桂 著 こうの史代 原作

こうの史代原作コミック『夕凪の街桜の国』の映画版ノベライズ。
『夕凪の街』昭和30年、広島に原爆が投下されてから10年。
母・フジミと暮らす皆実は、会社の同僚男性・打越と親しくなる。
しかし、皆実がささやかな幸せを感じるとき、決して忘れることのできないあの日の記憶がよみがえる……。
『桜の国』昭和62年、野球が大好きな小学生の七波は、
仲良しの東子と一緒に弟・凪生が入院する病院へお見舞いに行く。
桜の花びらをいっぱい持って。その後、17年ぶりに再会した二人は、
七波の父・旭のあとを追って広島へと向かう。
時代を超えてつながる家族の物語。

「小説 夕凪の街桜の国」(913.6/Kun)は2階32棚にあります。

なお、原作版は1階展示ケース内の「中原史子平和記念文庫」にあります。
お読みになりたい方は、カウンター職員にお声かけ下さい。

また、本日8/6(月)にNHK広島開局90年ドラマとして「夕凪の街桜の国」が放送予定です。
原作、小説、ドラマ。
皆さんに合った形で触れていただければと思います。

by libfriends | 2018-08-06 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

オープンキャンパスが始まるよー!

なんと本日のオープンキャンパス、日本文化学科の職業紹介で図書館司書をとりあげてくださるようですよ!

「図書館司書って何だろう?~司書の資格と仕事を紹介!~」

本学では、図書館司書の資格が取得可能!
そんな司書の資格とお仕事についてご紹介してくださいます。

可能であれば私も聞きに行きたいくらいです。
図書館や司書に関する話は、つい聞きたくなっちゃうってのは司書あるあるかもしれません。

その他の学科でもさまざまな職業紹介を行っていますので、ぜひ参加してみてくださいね!

by libfriends | 2018-08-05 09:00

明日は何の日?

広島女学院大学図書館のNです。

明日は日曜日ですが、8:45~16:00まで開館しております。

そう、広島女学院大学のオープンキャンパスの日だからです!

皆様お誘い合わせの上、お越しください。

そして、お時間がありましたら、図書館にもお越しください。
高校の図書館とは違う「大学図書館」を肌で感じてみてくださいね。

by libfriends | 2018-08-04 09:00

スマホで読書

広島女学院大学図書館のNです。

オープンセミナー最終日。
受講されている皆さん、お疲れ様でした。

大学の授業は楽しめましたか?
楽しめていたのであれば、幸いです。

本日は、そんな大学での学びについての本をご紹介します。

「大学生になるってどういうこと? : 学習・生活・キャリア形成」
植上 一希, 寺崎 里水, 藤野 真 著

大学生になるということは、そもそもどういうことなのかを考え、授業の受け方、学び方、生活の仕方、大学の活用の仕方など、大学生活をこなしていくためのコツを紹介。
大学卒業後のキャリア形成についても言及する。(紹介文引用)

今回ご紹介する本は、当館OPAC(図書館HP上にある本の検索システム)から読むことができる「電子書籍」です。

大学で学ぶということはどういうこと?
そんな疑問に答えてくれる1冊です。

大学図書館でも電子書籍が楽しめる時代になったんですよ。
利用率はあまり芳しくありませんが、パソコンやスマホで手軽に読めるのが魅力です。

スマホだと、任意のページを書籍データ(iBooksなど)として保存して読むこともできるんですよ。
ますます読書が身近になっちゃうなぁ!

詳しい利用方法が知りたい方は、図書館職員にお尋ねください!

by libfriends | 2018-08-03 09:00

交差点

広島女学院大学図書館のNです。

本学の在学生とオープンセミナー受講中の高校生が交差するキャンパス。
何だか不思議な感じです。
オープンキャンパスの時にすれ違うのは、学生スタッフが多いですが、今の時期にすれ違うのは、普段の授業を受けている時の学生です。
普段のキャンパスの雰囲気を味わえるようになっていると思います。

良い意味で、オープンキャンパスって着飾ってますからね。
毎日あんなお祭り騒ぎではないですから。
この機会に大学での”日常”を体感してください。

もう一つ不思議なのが、大学一年生が大人に見えます。
制服を脱いでからそんなに時間が経っていない学生がほとんどですが、現役高校生と比べると大人っぽいですねぇ。
大学生が板についてきたってことでしょうか?
その調子で4年生になる頃には、立派な大人になってくださいね。

そんな大人への階段をのぼる時は、図書館を活用してください。
大人に必要な教養などを吸収できる、素敵な場所ですよ。

安定の図書館押しもできたところで、本日の記事はここまで。
また明日、お会いしましょう!

by libfriends | 2018-08-02 09:00