<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハッピーハロウィン!

広島女学院大学図書館のNです。

タイトルの通り、本日はハロウィンです!
今回は、そんなハロウィンに関する本をご紹介します。

「ハロウィーンの文化誌」
リサ・モートン 著 ; 大久保 庸子 訳

ハロウィーンとは何か?
異教徒の新年の祝祭として始まったものが、時の流れとともに姿を変え、そのときどきの役割を担ってきた。
不思議なお祭り「ハロウィーン」の「起源」と「歴史」そして「現在」を豊富な図版とともに解説。(原書房公式HPより引用)

現代日本では最早ただのコスプレイベントと化しているハロウィンですが、折角ですし、その起源について知ってみませんか?
きっと、貴方の知らないハロウィンを知ることが出来るはずです。

「ハロウィーンの文化誌」(386/Mor)は、3階16棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-10-31 09:00

よるのとしょかん

広島女学院大学図書館のNです。

10月上旬。
当館になにやら可愛らしいお客様がいらっしゃっていました。
そう、いろんなお家のぬいぐるみたちです。

本学の幼児教育心理学科(児童教育学科)では、「よるのとしょかん」というイベントが毎年のように開催されています。
このイベントでは、ぬいぐるみたちが当図書館で思い思いに過ごしていきます。
中には、ベッドで眠る子もいたとか…?

【イベントの主旨】
「よるのとしょかん」とは、アメリカの公共図書館で子ども向けイベントとして始まったもので、子どものお気に入りのぬいぐるみが図書館で一晩を過ごす「ぬいぐるみのお泊り会」のことです。
ぬいぐるみたちが、夜の図書館で冒険している様子を写真におさめ、後日、子どもたちにプレゼントいたします。
「児童教育学科ニュース内 2018年度「よるのとしょかん」のご案内 2018.06.07」(2018.10.17現在を引用)

これを機会に、お子さんたちが本好きになってくれることを願っております。(切実)

[PR]
by libfriends | 2018-10-30 09:00

お久しぶりです。
広島女学院大学図書館のM.Nです。


図書館入口の右手に、美術館などの展示のお知らせを掲載しているのですが、
みなさん一度はご覧になったことがあるでしょうか?
最近だと、県立美術館の「ジブリ大博覧会」が記憶に新しいですね。

図書館は文字を通じて物語を体験できますが、
美術館では眼、匂い、触感なども含めて作品を体感できるので、
また違った面白さがあると思います。

ひろしま美術館では開館40周年記念ということで、
「ブリヂストン美術館展」が現在開催中です。(2018年12月16日まで)

当館に所蔵している「印象派 (アート・イン・ディテール)」にも掲載されている、
「サント・ヴィクトワール山(ポール・セザンヌ)」などを、実際目にすることが出来ます。

芸術の秋ということで、この機会にお出かけされてみてはいかがでしょうか。



「印象派 (アート・イン・ディテール)」723.35/New、3F 64棚にございます。

[PR]
by libfriends | 2018-10-29 09:00

11ヶ月

広島女学院大学図書館のNです。

ブログ毎日更新を始めて、早11ヶ月。
来月にはとうとう1年です。

誰に何を言われた訳でも無いのに、「更新するなら毎日やろ!」という謎の意地をはってやってまいりました。
他の職員さんに投稿していただくことで、よりバラエティ豊かなブログになってきたのではないかと思います。

この調子で毎日更新して、1周年も無事迎えられたらなと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

[PR]
by libfriends | 2018-10-28 09:00

ほめる力

広島女学院大学図書館のNです。

皆さん、最近ほめられた記憶はありますか?
私は無いので、セルフでまかなっています。

どうも、ほめられたら(たとえセルフでも)伸びるタイプです。←

そんな私から、本日はこんな本をご紹介します。

「ほめる力 : 「楽しく生きる人」はここがちがう」
齋藤 孝 著

著者は、長年大学で教えていて痛感することがある。
学生たちに「ほめる力」が不足しているのだ。
それは、日本の大人も変わりはない。
しかし、ほめることがうまくなれば、人間関係が円滑に運び、自己肯定感も強くなり、人生がうまくいくのだ。
この本では、いかにほめることが大切か、「ほめる力」を身につける授業をやったことで学生がどんなに変わったかを紹介し、日常の中で「ほめる力」を身につけていくにはどうしたらよいかを、順を追って説明していく。
お世辞ではない「ほめコメント」の言い方を、名人たちからも学んでいく。(Amazon内容紹介引用)

ほめられるのは勿論嬉しいですが、ほめるのもなかなか楽しくて気分が良い!
皆さんも、ぜひ実践してみては?

「ほめる力 : 「楽しく生きる人」はここがちがう」(159/Sai)は、4階20棚にあります。

[PR]
by libfriends | 2018-10-27 09:00

プロのお仕事

広島女学院大学図書館のNです。
f0141563_07513207.jpeg
f0141563_07512694.jpeg
皆様、現在図書館1階の展示コーナーはもうご覧いただけましたでしょうか?
このコーナー、毎月私が頭を抱えながらアイディアを絞り出して展示しているのですが、今回は別の方に担当していただきました!
しかも、元書店員というプロフェッショナルに!

まさに適材適所。
得意な方にコーナーを作っていただけると、華やかになって素晴らしいですね。
今後もぜひ継続して担当していただきたいぐらいです。←

そんなプロのお仕事。
ぜひ皆さんの目でご確認ください!

[PR]
by libfriends | 2018-10-26 09:00

2週間

広島女学院大学図書館のNです。

図書館HPの「Myメニュー」欄を変更して、早2週間。
皆様、慣れてまいりましたでしょうか?
まだの方は、何度も使っていただければと思います。

さて、図書館HPはまだまだ変更中。
素人仕事なので、どこか不具合がでることもあるかと思います。
何かありましたら、広島女学院大学図書館カウンターまでお問い合わせください。

今まで、個人的にHPを作ったことはありましたが、公式HPを作りかえるなんてことは初めてなので、何もかも手さぐりです。
助けてプロフェッショナル…!

今年中に綺麗に変更が完了するよう、皆様も応援よろしくお願いいたします。

[PR]
by libfriends | 2018-10-25 09:00

トリコロール

広島女学院大学図書館のNです。

聞くところによると、10/24は「トリコロール記念日」だそうで。
フランス国旗のように3色並ぶ国旗って沢山あるので、ものによっては見分けるのが難しいものがありますよね。

そこで、本日はこんな本をご紹介します。

「世界の国旗と国章大図鑑[4訂版]」
苅安 望 編著

各国の国旗について、その歴史や意味を解説してくれる1冊。
素人には到底描けなさそうなものから、美術2だった私でも描けそうなものまであります。
見るだけでも楽しいこちらですが、その歴史や意味なんかもわかるので、楽しさ倍増です。

「世界の国旗と国章大図鑑[4訂版]」(288.9/Kar)は、4階42棚にあります。


[PR]
by libfriends | 2018-10-24 09:00

パスファインダー

広島女学院大学図書館のNです。

皆さん、パスファインダーって知っていますか?

利用者に対して,特定の主題に関する各種情報資源や探索方法を紹介・提供する初歩的なツール.
通常,その図書館のコレクションやサービスを対象として作成される.
1969年に米国マサチューセッツ工科大学で考案された.
当初は一枚物のリーフレットとして提供されたが,現在では図書館ウェブサイトから電子的にも提供される.
個々の資料・情報資源が人為的に重み付けされた上で解題を付してリスト化され,調べ方に関する解説もなされているため,単なるリストやリンク集とは異なる.
トピックガイドと同義で使われることもあるが,この場合,資料・情報資源の紹介に留まることが多い.→文献利用指導
(日本図書館情報学会 用語辞典編集委員会 編「図書館情報学用語辞典 第4版」2013年12月 199頁の「パスファインダー」の項目を引用)

堅苦しい辞典の説明を引用しましたが、要は「調べものを楽にしてくれる便利ツール」ってところではないでしょうか。
別に難しい図書館用語のことを知ってくださいって話ではなく、学生さんをはじめとする利用者にとって便利なもんなんですよってのを知って欲しいんです。

そんなパスファインダーですが、当館では、HPの「情報検索ガイダンス」ページで調べたい事柄別の参考資料を「資料の選択方法について」(PDF全8頁)として公開しています。
そして、同ページにある「図書館を使いこなそう!」は、”資料別”の検索方法について解説しています。
パスファインダーを利用する前にお読みいただければと思います。

ただ、今公開中のパスファインダーは、少し前に作成したもの。
今後作成する予定(は未定)の学科別パスファインダーでは、よりわかりすいものを作成したいと考えています。
ただ、作成するのはなかなか難しいみたいなので、気長にお待ちいただければ幸いです…。(絶賛勉強中)


[PR]
by libfriends | 2018-10-23 09:00

そのうちより、今のうち

広島女学院大学図書館のNです。

10月も後半になってきますと、卒論の中間発表等でパソコンの需要がググッとと上がります。
それに比例して、プリンターもフル稼働。
普段は静かな図書館も、印刷音の大合唱です。

年末に向けて、忙しない雰囲気が加速するのは毎年のこと。
学生の皆さんに置かれましては、ぜひとも余裕を持って課題に取り組んでいただければと思います。
※「明日提出の課題なんです!」なんて言って資料を求めて図書館に駆け込んできていただいても、必ずしもご期待に添えるわけではないということをどうぞご理解ください。

そのうちより、今のうち!
心に余裕をもって図書館をご利用ください。

[PR]
by libfriends | 2018-10-22 09:00