兄弟姉妹

広島女学院大学図書館のNです。

本日4月2日生まれの方は、学年最年長さんですね。
私の友人に、本人は4月2日生まれで、兄弟が翌年の3月生まれという子がいました。
双子ではないのに兄弟同学年というのは、不思議な感じがしますね。

さて、本日は、そんな兄弟姉妹の特徴をまとめた1冊をご紹介。

「きょうだい型人間学 : 性格と相性を見ぬく」
磯崎三喜年 著

一番っ子、末っ子、間っ子、ひとりっ子。
兄弟姉妹のどの順番で生まれたのかで、性格や相性がわかる。
そんな兄弟の生まれ順を軸に性格を診断する本書。
勿論、これが絶対という訳ではありませんが、「そういうところもあるよねぇ」と楽しみながら読めるのがポイント。

「きょうだい型人間学 : 性格と相性を見ぬく」(141.939/Iso)4階19棚にあります。

[PR]
# by libfriends | 2018-04-02 09:00

イースター

広島女学院大学図書館のNです。

本日はイースターみたいですよ。※Google検索で「イースター」と検索した結果参照。
因みに、イースターは「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」となっていて、具体的な日にちは決まっていないそうです。※情報元は同上です。

イースターと言うと、かわいらしくペイントした卵を隠して、それを探すというイベントを小さいころやったことがあります。
某米軍キャンプ内の交流会でのことですが、なかなかに目に痛い色のお菓子とケーキが提供されたのも相まって、強烈に覚えています。

近年では、某テーマパークなどでもイベントが行われたり、各所で関連商品が発売されたりと盛り上がりを見せていますね。

イースターは、キリスト教において最も重要な祭とも言われています。
となれば、キリスト教精神が息づく本学でも他人ごとではありません。

しかし、本日は日曜日のため閉館。※イースター自体が日曜日に定められているので当たり前ですが。
図書館内での何かすることは叶いません。
そこで、本日はこちらの絵本をご紹介します。

「イースターってなあに」
リースベット・スレーヘルス 作 ; 女子パウロ会 訳編

新しい命が芽吹く春の大切なキリスト教のお祭りを、やさしく楽しく準備する絵本。(女子パウロ会Webホットラインの紹介文引用)

イースターとたまごの関係がよくわかるので、イースターについて知りたい方は、まずこの絵本を読んでみたらいかがでしょうか?

「イースターってなあに」(726.6/Sle) は、3階「絵本の部屋」にあります。

[PR]
# by libfriends | 2018-04-01 09:00

春休み開館最終日

広島女学院大学図書館のNです。

本日まで、春休み開館(時間短縮)です。
開館時間は8:45~12:00まで。
ぜひ、ご利用ください。

明日、日曜日の閉館日を挟み、4/2(月)から通常開館となります。
通常開館時間は、以下の通りです。

【平日】8:45~20:00
【土曜】8:45~17:00

その他、オープンキャンパス等で日曜日、祝日も開館する場合がございます。
詳しい開館日・開館時間は図書館HPの「開館日のご案内」または「図書館利用について」内の「カレンダー」をご確認ください。

[PR]
# by libfriends | 2018-03-31 09:00

物語る

広島女学院大学図書館のNです。

常日頃、読書を推進しているこちらのブログ。
その割に、具体的な読書方法を皆さんにご提供できていないのが悩みです。
そこで、当館でこんな本を見つけたので、ご紹介させていただきます。

『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』
柴田元幸, 高橋源一郎 著

「読む」時の小説と、「書く」時の小説は、同じなのだろうか。
どちらも「小説」と呼んでいるけれど、それは、同じ「もの」なのだろうか。
どうも違う気がするのである。(本文引用)

一度でも小説を書こうと思ったことのある人は、この感覚がわかるんではないでしょうか?
誰かの小説を読む時は、確かにそこに存在しているはずなのに、自分で書くとなると、何だか不確かで存在しないもののように感じる。
そこで、本書は小説の「読み方」「書き方」「訳し方」と分けて語っています。

流石に書くのは難しいとは思いますが、小説の「読み方」がわかれば、もっと小説を楽しめるはず!
私の拙い紹介はともかくとして、ぜひ一度読んでみてください。

『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』(901.3/Shi)は、2階15棚にあります。


[PR]
# by libfriends | 2018-03-30 09:00

Release

広島女学院大学図書館のNです。

春は別れの季節でもありますが、出会いの季節でもあります。
本日は、そんな出会いの前に読んでみたい1冊をご紹介します。

「アイスブレイク入門 : こころをほぐす出会いのレッスン」
今村光章 著

見知らぬ人どうしの和やかな出会いを演出する技術「アイスブレイク」をイラストを使いわかりやすく紹介してくれています。
あらゆる出会いの場面で役立つレッスン集となっている本書。
正直、「アイスブレイク入門」というタイトルを見た時「氷を壊すための入門書とは?」と首を傾げたんですが、なるほど。緊張を解きほぐすって意味ね。
これからの季節、出会いの場面はたくさんあると思うので、今のうちに学んでみてはいかがですか?

「アイスブレイク入門 : こころをほぐす出会いのレッスン」(369.16/Ima)は、現在「整理中図書」となっております。
御覧になりたい場合は、図書館カウンターまでお越しください。

[PR]
# by libfriends | 2018-03-29 09:00