まるかいて地球

広島女学院大学図書館のNです。

先日、当館職員さんからアメリカ旅行のお土産話を聴きました。
日本に居るだけではわからないことが沢山ありますね。
さらに、お土産(物理)までいただき、ほっくほくです。
ありがたや、ありがたや。

そこで、今日はこちらをご紹介!

「グランドキャニオン国立公園(世界遺産 アメリカ編)」
TBS(発売)

流石においそれと現地には行けませんので、DVDで世界遺産を体感。
映像(2003年当時)でこれだけの迫力ですから、現地にいったらそら凄いんでしょうね!
ぜひ行きたいものです。行く予定はまったくございませんが。

なお、こちらのDVDは貸出不可な資料です。
ご利用の際は、館内でお願いします。

PCでも勿論視聴可能ですが、おすすめは4階のプレゼンテーションルームにあるスクリーンで見る方法です。
大きな画面で見ると、迫力が増し増しですよ!

「グランドキャニオン国立公園(世界遺産 アメリカ編)」(709/Sek/19)は、1階80棚(Joyful Commons)にあります。

# by libfriends | 2019-02-07 09:00

もっふいんざぼっくす!

広島女学院大学図書館のNです。

寒い時期、もこもこしたものに惹かれます。
そこで、本日はこんな本をご紹介。

「ぺたんこ羊毛フェルト : ちょっと立体」
宮崎 菜穂美 著

最近流行の羊毛フェルト。
ぬいぐるみを作るキットなんかも売っていますが、いきなり立体物はハードルが高い。
なんて思っていたところに、この本が。

”ぺたんこ”とあるように、平面でつくれる可愛い小物がたくさん載っています。
でも、”ちょこっと立体”なので、もこもこ感もあります。
これこれ。まずはここからスタートじゃない?

ぺたんこ可愛い小物をみなさんも作ってみませんか?
「ぺたんこ羊毛フェルト : ちょっと立体」(594.9/Miy)は、3階49棚にあります。

# by libfriends | 2019-02-06 09:00

Rosso / Blu

広島女学院大学図書館のNです。

昨日のテンションの高さは異常ですね。
反省、反省。
今日は落ち着いていきましょう。

そんな本日ご紹介する本はこちら。

「冷静と情熱のあいだ Rosso / Blu」
江國 香織 / 辻 仁成 著

いや、引っかかってんのタイトル中にある”冷静”の部分だけやん!
という声が聞こえてきそうですね。
まぁ、その通りです。←

1999年に出版された大ヒット恋愛小説。
タイトルだけはよう聞いてましたが、読んだことはなかったので、この機会に読んでみました。
普段、恋愛小説を読むことが少ない人間なので、新鮮でしたね。
イタリアの美しい情景が浮かぶようです。
行ったことないですが。

この小説の特徴と言えば、男女の視点ごとに本が分かれているところ!
あおい視点のRossoと阿形順正視点のBlu。
2冊で一つの物語を紡いでいます。

どちらから読むか。はたまた交互に読むか。
自分好みに読んでみてはいかがでしょうか?

「冷静と情熱のあいだ Rosso」(913.6/Eku)は、2階32棚。
「冷静と情熱のあいだ Blu」(913.6/Tsu)は、2階33棚にあります。

# by libfriends | 2019-02-05 09:00

ハローハロー

広島女学院大学図書館のNです。

久しぶりの開館日ですよー!!!
本日は、8:45~20:00まで、張り切っていきましょう!

さて、学期末ということで、試験やレポートなど勉強面で佳境を迎えるこの時期。
図書館も卒論提出時期以来の張りつめた空気になります。

とはいえ、この時期を乗り越えれば、長い春休みが待っています。
図書館の春休みと言えば、そう。

春休み貸出です!

本学在学生のみ、長期休暇中は通常より長く借りられる期間が設けられています。
このブログでもお知らせしましたが、今年の春休み貸出は、1/25(金)からスタートしております。

そして、春休み貸出期間に本を借りると、返却日が4/18(木)となります!
更に、この期間中に「再貸出」(貸出期間の延長)を行うと、これまた4/18(木)まで延長されます!!

凄いぞ図書館!やるやん図書館!こりゃもう、本をたくさん借りるしかない!

そうでしょう。そうでしょう。そう思っちゃうでしょう。
皆さんの声は、しっかり届いております。(とうとう幻聴と会話しはじめた…

春休み貸出期間は始まったばかり。
ぜひ、ご活用ください!


# by libfriends | 2019-02-04 09:00

節分

広島女学院大学図書館のNです。

鬼は~外!
福は~内!

流石に豆まきはしませんが、恵方巻きは食べるタイプ。
どうも、今日も変わらずブログ更新担当のNです。

年中行事というのは、献立を考える際の救世主ですね。
「夕飯は何にしようか?」と悩まなくていいのは本当にありがたい。

ということで、本日はこちらの本をご紹介します。

「春夏秋冬季節のおかず」
奥村 彪生 文 : めぐろ みよ 絵

オールカラーの写真とイラストを豊富に使い地産地消の食文化、ふるさとの味、日本のおいしさを知るビジュアルブック。
(「BOOK」データベースより)

世界広しといえど日本ほど食材の種類が豊富な国はない。
四季のうつろいがハッキリして、地域性にも富んでいるから。
そんな環境に育まれた日本各地の特徴あるおかずの数々。
(農山漁村文化協会「田舎の本屋さん」の解説ページより引用)

とあるように、日本各地の春夏秋冬季節のおかずの数々が紹介されています。
見るだけでお腹がすく1冊です…。

「春夏秋冬季節のおかず」(383.81/Oku/8)は、3階16棚にあります。


# by libfriends | 2019-02-03 09:00