Feelin' High

広島女学院大学図書館のNです。

今回もはりきって「ブック・ハンティング」で選ばれた本をご紹介していきましょう!

「わたし、定時で帰ります!」
朱野 帰子 著

絶対に残業しないと心に決めている会社員の結衣。
時には批判されることもあるが、彼女にはどうしても残業したくない理由があった。
仕事が最優先の元婚約者、風邪をひいても休まない同僚、すぐに辞めると言い出す新人。
様々な社員に囲まれて働く結衣の前に、無茶な仕事を振って部下を潰すという噂のブラックな上司が現れて――。(新潮社公式HPより引用)

全ての働く女子(将来でも可)に読んでいただきたい。
結衣さんの考えや行動に賛同するもしないもそれぞれ。
でも、この本を読むことで「働く」ってことを考えさせられるのは共通だと思います。

「わたし、定時で帰ります!」(913.6/Ake)は、12月末まで1階展示コーナーにあります。

[PR]
# by libfriends | 2018-11-26 09:00

広島女学院大学図書館のNです。

先週より展示を開始した「ブック・ハンティング2018」の本たちは、ご覧いただけましたか?
学生さんたちが思い思いに選んだ本。
どれも魅力的で、早速私も借りてしまいました。

今日から、そんな魅力的なブック・ハンティングで選ばれた本をご紹介していければと思います。
……流石に全62冊をご紹介する気力はないので、一部だけにはなりますが。

ということで、早速1冊目!

「別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや」
黒瀬 陽 著

〈広島小説〉に心ふるえる!
あの頃なにもなかったけれど、ぼくにはしょうもなくって素晴らしい仲間たちがいた。
1996年、中2のぼくはクラスの序列の底辺だったけど、かけがえのない親友がいた。
タイ人の同級生クルンと「エヴァ」を通じ絆が深まる中、女の子にめちゃモテるため、「イケとる化計画」を実行し……トホホだけど温かい、ぼくらの〈広島版スタンドバイミー〉。(早川書房公式HPより引用)

1996年と言えば、「エヴァ」が夕方アニメとして放送されていた時期ですね。
毎週欠かさず見ていましたが、内容はさっぱり理解できませんでした。
まぁ、その理解できなさが魅力でもあったように思います。
……いかんいかん。これでは「エヴァ」語りになってしまう。

中2男子というもっともアホな(褒め言葉)時期の青春小説。
ってだけではない。
彼らの日常に潜む差別という問題も浮き彫りになっています。

「別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや」(913.6/Kur)は、12月末まで1階展示コーナーにあります。

[PR]
# by libfriends | 2018-11-25 09:00

ブックリスト

広島女学院大学図書館のNです。

現在、12月から展示予定の「2018 Hiroshima Activ Library」の展示図書の一覧を作成中です。
今年は司書課程の学生さんが選んでくれた本のため、展示をするこちらとしても力が入ります。

そこで、選んでくれた、本のリストを冊子にして配布する予定(は未定)です。
展示する日までに完成するように応援していてください。
私が嬉しいので。

展示された際には、ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

[PR]
# by libfriends | 2018-11-24 09:00

62冊

広島女学院大学図書館のNです。

f0141563_11554211.jpg

11/12(月)より、2018年度「ブック・ハンティング」で学生たちが選んだ本の展示が始まっております。
全62冊。なかなかのボリュームです。

今回は、選んでくれた学生ごとに本を展示しています。
それぞれの部屋といったイメージで展示しておりますので、好みのお部屋を見つけてみてくださいね。

「ブック・ハンティング」展示は、12月末までを予定しております。
ぜひ、お楽しみください。

[PR]
# by libfriends | 2018-11-23 09:00

サーロー節子氏

広島女学院大学図書館のNです。

明日、本学ではサーロー節子氏特別講演会が開催されます。
当館では、1階展示コーナーにて「中国新聞」の連載記事など、サーロー節子氏の紹介展示をしております。

明日の講演会の前に、ぜひ一度ご覧ください。

[PR]
# by libfriends | 2018-11-22 09:00