ラスト!

広島女学院大学図書館のNです。

本学入試期間最終日!
受験生の皆さんお疲れさまです!

ということは、当館の閉館期間も最終日です。(明日、日曜日は通常閉館)

月曜日は久しぶりの開館日!
皆さんのご来館を心よりお待ちしております!


# by libfriends | 2019-02-02 09:00

名探偵

広島女学院大学図書館のNです。

2019年最初のひと月が終了とか、早すぎやしませんか?
今年も残り11ヶ月。
カウントダウンが始まったな…!(気が早い

カウントダウンと聞くと、某見た目は子ども、頭脳は大人な名探偵さんの映画のタイトルを思い出します。
あの映画、2001年公開だったんですね。
…名探偵の歳は変わらないのに、私の歳の変わりようよ。

と、いうことで、本日はこちらの本をご紹介!

「明治期シャーロック・ホームズ翻訳集成」
コナン・ドイル 著 川戸 道昭, 新井 清司, 榊原 貴教 編

雑誌・図書を問わず、明治期に翻訳された「緋色の研究」「シャーロック・ホームズの冒険」を同一原作順に編集したもの。
全3巻。

現代語での翻訳版は手軽に読めますが、敢えて明治期に翻訳されたものを読んでみました!
自分でも、なぜそんなよくわからんハードルを設けたのか不思議ですが、始めてしまったものはしょうがない。
絶賛読書中です。

みなさんも、昔の翻訳本を読んでみてはいかがでしょう?
旧仮名遣いも慣れるとスラスラ読めるもんですよ。

「明治期シャーロック・ホームズ翻訳集成」(933.6/Doy/1~3)は、2階の63棚にあります。


# by libfriends | 2019-02-01 09:00

言葉はなぜ生まれたのか

広島女学院大学図書館のNです。

2/4(月)まで「新着図書」コーナーにいる本たちの中から、1冊ご紹介します。

「言葉はなぜ生まれたのか」
岡ノ谷 一夫 著 石森 愛彦 絵

動物は「鳴き声」を出せるけれど、「言葉」を話すことはできません。
頭のいいチンパンジーでさえ、それは無理なのです。
なぜ人間だけが言葉をもつようになったのでしょう?(本書カバー折り返しより引用)

「何故?」と疑問に思うことはあれど、それを解明しようと行動することは、ほとんどありません。
調べるぐらいはしますが、研究するとなると、相当な労力です。

しかし、大学生の大多数は「卒業論文」という形で研究する機会が強制的にあります。
書く前に、卒論の書き方を解説してくれる本も良いですが、こんなライトな雰囲気の研究書を読んでみるのはいかがでしょう?

たとえ分野は違えども、人の研究の流れを読むことは、きっと自分の卒論のヒントになるはずです。

「言葉はなぜ生まれたのか」(481.78/Oka)は、2/4(月)まで1階の新着図書コーナーに。
その後、3階28棚に移動します。


# by libfriends | 2019-01-31 09:00

検索、検索ぅ!

広島女学院大学図書館のNです。

気が早いですが、当館は”春休み貸出期間”に突入しております。
春休み貸出期間中に借りた本は、返却日が【4/18(木)】となります。

どえらい長期間借りられるやないか!
こりゃ、いっぱい借りて帰らな損やな!

皆さんのそんな会話が聞こえてくるようです。(幻聴)

残念ながら、現在は閉館期間中の為、本を借りることはできません。
が、OPAC(蔵書検索)を見ることはできます。
HPにアクセスして、広島女学院大学図書館の蔵書をレッツ検索!


# by libfriends | 2019-01-30 09:00

握力捨てたろかな

広島女学院大学図書館のNです。

本日1/29(火)から2/3(日)まで閉館期間です。
学生は登校不可期間でもあるので、学内に入らないようにご注意ください。

さて、また閉館期間に突入しましたので、いそいそと本の移動を進めようと思います。
頑張るぞ!(適度に)

おや?一個上の(適度に)が気になりますか?
実は、前回の閉館日に丸一日移動作業をした結果、わたくし、右手の握力を失いました…。
包丁もろくに握れなさそうなレベルでしたので、お惣菜を買って帰りました。
それどころか、箸もまともに扱えず、夕飯をぼろぼろ溢し倒すという大失態。

”10代のころの調子で運動したあとに激しい筋肉痛になってしまった”みたいな侘しさがあります。
これが老い…。いやいやいや。翌日には握力も無事回復していたので、まだ大丈夫だと信じたい!

ギチギチになった書架(本棚)を本が探しやすい状態にすべく、自らの握力を捨てる覚悟で挑みたいと思います!
こうご期待!


# by libfriends | 2019-01-29 09:00