人気ブログランキング |

広島女学院大学図書館のNです。


私が担当させていただいている仕事の中には、図書館についての情報発信があります。

このブログも、その一環です。


そんな中、こんな広報誌も発行しているんです。


f0141563_09485210.jpg

マンガが描ける職員の方にお願いして、図書館での本の探し方を解説するマンガを描いていただきました!

こんな身近にマンガが描ける人が居るという奇蹟!


広島女学院大学図書館を利用される方向けに完全描き下ろしされたオリジナルマンガ。

なんて贅沢なんでしょうか。


そんな素晴らしい描き下ろしマンガは、図書館1Fのカウンター前、ASC、健康管理センターにて無料配布中!

図書館に興味のある方もない方も、進○ゼミの入会案内マンガが好きだった方も、ぜひお手に取っていただければと思います。



# by libfriends | 2017-12-06 09:48

広島女学院大学図書館のNです。

 11月28日(火)より毎日更新しているこちらのブログ。
 誰に何を言われたわけでもないのに「毎日更新するぞ!」と決めてしまったがために、毎日ブログのネタを探してもんもんとしています。

 そんな時、こちらの本に出会いました。
 「〆切本」
 左右社編集部 編

 明治から現在にいたる書き手たちの〆切にまつわる文章をまとめた1冊。
 各文章を章ごとに5つに分類してまとめてあるのですが、章のタイトルを読むだけで〆切というものの重さが伝わってきます。なかでも、第Ⅰ章は悲痛な叫びです。

 Ⅰ章 書けぬ、どうしても書けぬ

 辛い!辛すぎる!書けないものは「書けないで良し」としてくれ!
 しかし、そうは問屋が卸さない!

 皆さんも身に覚えがございませんか?
 宿題やレポート〆切が刻一刻と迫る時の焦り。
 なぜもっと早く取りかからなかったのかという後悔。
 それを何度でも繰り返すことへの自己嫌悪。
 「人生とは、〆切」の連続なのではないでしょうか……。
 
 そんな「〆切」にまつわる様々な文章をまとめたこの本を読めば、〆切とのうまい付き合い方がわかるかも?

 現在、図書館1F「ブックハンティング展示」にラインナップされております。
 皆様に素晴らしい「〆切」生活が訪れることを、心よりお祈り申し上げます。

敬具

# by libfriends | 2017-12-05 10:08

広島女学院大学図書館のNです。

本学、卒業論文提出時期になりました。
学生の皆さん、頑張ってください。

さて、図書館では、ラーニング・アドバイザー(L.A.)さんにお越しいただき、皆さんの学修のサポートをしていただいています。

f0141563_10225529.jpg

論文やレポートの書き方などの個別指導。

f0141563_10231813.jpg
「TOEIC チャレンジ・セミナー」などのセミナー。

上記のように、様々なかたちで学修サポートをしてくださっています。
今回は、そんなL.A.さんが所属するASC(アカデミック・サポート・センター)主催の講習会をご紹介。

【ノートテイク講習会】
 
f0141563_10314701.png

特別なニーズ(聴覚障がい)を持つ学生をサポートする「ノートテイカー」を募集中とのこと。
ご希望の方は、12/20(水)に行われる講習会「基礎編」にご参加ください。

なお、こちらは本学学生(1~3年生)を対象としております。
詳しくは、ASC(アカデミック・サポート・センター)へお問い合わせください。



# by libfriends | 2017-12-04 10:38

広島女学院大学図書館のNです。


通常は日曜日を閉館日としていますが、今月は日曜日でも開館している日があります。


f0141563_10495470.jpeg

広島女学院大学HP内「クリスマスオープンキャンパス」ページ


【日曜開館】

 2017年12月17日(日) 13:30〜16:30

 ※広島女学院大学クリスマスオープンキャンパス開催日


現在、学内にある大きなツリーが点灯されたりとクリスマスムード満点な本学。


キリスト教(プロテスタント)系大学らしく、クリスマス礼拝も開催予定です。


それに伴い、当図書館では、クリスマス関連図書を入館ゲートとなりの展示ケースに展示中です。


オープンキャンパスに参加される際には、ぜひ図書館へもお立ち寄りください。



# by libfriends | 2017-12-03 10:48

本の大移動進行中!

広島女学院大学図書館のNです。


当図書館をご利用いただいている皆さんの中には、お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。


そう、3階で進められている本の大移動を。




はじまりは2017年8月。


館内の絵本を収容する「絵本の部屋」の設置のため、工具片手に本棚を組み立て、絵本を3階エレベーター横の部屋へと移動させておりました。




そして、元々絵本があった本棚が1列空いたところから、戦いは始まったのです。


f0141563_19063930.jpeg


単純に移動させるのではなく、今後入ってくるであろう本を想定してスペースを空けながら移動させなくてはなりません。


これが結構、頭を使うんです。


また、本の形状も様々なため、本に合わせて棚の高さを調整する必要があります。


なにより、本が重い!ハードカバーな上に大きくて分厚いものは、なおのこと!


時に孤独に、時に学生アルバイトさんや他の職員の手を借りながら進めています。


現在、移動が完了したのは17棚。3階の総棚数は76棚。……完了までの道のりは長そうです。


この移動に伴い、一部、OPAC(図書の検索)上と実際の棚が違う本が出てしまうことがあります。


お手数ですが、本が検索結果の場所に無い場合は「分類番号」(本の背表紙に書かれた数字)を参考に、お探しください。


それでも見つからない際は、職員にお声かけください。



# by libfriends | 2017-12-02 18:56